妊娠・出産・育児の情報サイト


産後2ヶ月で訪れた腰の痛み!産後の変な座り癖が骨盤を歪ませていた…

f:id:akasuguope01:20161031161334j:plain

妊娠、出産を経験して思うことは、出産というのは体に大きな負担がかかる大仕事なんだなということです。
妊娠中は骨盤が広がっていきますし、出産の時にも広がりますので産後のお母さんは骨盤がゆるんだ状態になっています。
この骨盤をちゃんと締めると妊娠前より細くなる!という話を聞いた私は、張り切って骨盤ベルトを何種類も買っていました。

陣痛で痛い痛いと言いながらも、分娩室にまで骨盤ベルトを持ち込んで、分娩台から降りる前に巻き始めました。
安産体型な私はお尻が大きいことが気になっていたので、本当に骨盤を締めてお尻が小さくなったらいいなと思って、退院後は骨盤のサイズをこまめに測って確認していました。

骨盤ベルトを締めての生活は少し窮屈ではあります。
お尻が小さくなりたい!という一心で巻いていたせいか、産後は全く入らなかったデニムも2ヶ月くらい経つ頃にはなんとか入るくらいまで骨盤が戻ってきました。

よしよし成果が出ていると思っていたのですが、その頃から謎の腰痛が始まりました。
産後はずっと母乳で育てていたのですが、授乳のたびにソファに腰を降ろしていると腰やお尻に痛みが走ります。
赤ちゃんも生後2ヶ月になって生まれた時の倍になってきましたので、どんどん重たくもなっています。

最初は抱っこのしすぎかなと思っていたのですが、どんどん痛くなってきて母乳をあげる時が苦痛に感じる程になってきたのです。
どんな座り方をしてもお尻あたりが痛いんです。
これはなんかおかしいと思い、まだ小さい赤ちゃんを隣に住んでいる義母さんに預けて整体に行くことにしました。

すると整体師さんに「変な座り方をしていませんか?」と聞かれました。
産後はどうしても骨盤がゆるんでしまうので、良い方向にも悪い方向にも骨盤が変形してしまうということです。

自分の座り方を改めて考えてみたところ、産後から会陰切開した部分が痛くって変な座り癖がついていました。
お尻を前へずらして腰のあたりに体重をかける座り方です。
さらに赤ちゃんを抱っこしているので重みで負荷もかかっていたように思います。
ちゃんとお尻で座っていないと、骨盤を歪ませてしまう原因になるようです。

骨盤さえ締めておけば大丈夫!と思って油断していましたが、思っているよりも座り方というのは重要なんだなと感じました。
ついつい赤ちゃんの様子を伺いたくって体を前にかがめて授乳することも多いのですが、このアドバイスを貰ってからはイスに正しく座り背筋を伸ばして、授乳するようになりました。

はた目にはちょっと面白い授乳の仕方にも見えるとは思いますが、私の腰痛を悪化させないためには重要でした。
正しく座るようになってから少しずつ腰痛も良くなり、骨盤もしっかり締めていたので妊娠前より細いデニムも履けるようになりました。

f:id:akasuguope01:20161031143910j:plain

著者:さとあり
年齢:37
子どもの年齢:9歳、7歳、4歳、1歳

結婚を機に仕事を辞めてそれから専業主婦をしています。
小学生から未満児まで4人を育てていますが、少しずつ手が掛からなくなっていくのが寂しいなと思う子沢山な母です。
ひとりひとり個性があってやり取りも楽しいですし、母も子供たちに日々成長させられているなぁと感じます。
子供たちのお陰で毎日飽きない日々を過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。