妊娠・出産・育児の情報サイト


全てが計画通りではないけれど、やってよかった! 無痛分娩のメリット&デメリット

計画通りいかない事も

無痛分娩で予定より一週間早く生もうと試みましたが、陣痛促進剤が効かず…!

2日に渡って試みましたがダメで、自然に陣痛が来るのを待て、と一度退院するハメに。

喘息持ちだった人は使えない薬があるせいで、陣痛促進剤が本来の力を発揮できなかったのかも。無駄に入院費がかった…。

 

二度めのチャレンジ!出産前日

しかし、それから本来の予定より2週間しても陣痛が弱く、今度は無理やり生まないといけない週数に。

前日、浣腸をし、夕飯を抜く。膣内に小さな風船を入れて広げておく。

 

出産当日

当日は朝6時から陣痛促進剤を打つ&飲む。尿を取る管も入れました。

9時になってもまだ陣痛が弱かったので無理やり破水させました。これでも効かないと帝王切開です…!

麻酔は、背中から入れ、下半身の感覚を鈍らせます。正座で足が痺れてる感覚で気持ち悪かった!動いてはいけなかったので、かなりストレスが溜まりました。

母にずっと足を揉んで貰い、私はタオルをずっと噛んでました。この時間が一番イライラするし、苦しかった。母がいて助かった。

 

いよいよ、ご対面

12時。陣痛の波が大きくなり、いよいよ…という所で「ある程度陣痛の感覚がわからないとイキめないから」と、麻酔をちょびっと減らす。すると、激痛!!

声が漏れるぐらい重すぎる生理痛って感じ。それでも自然分娩の痛みに比べると小さいらしい、怖ッ!!

 

イキんでる最中はお腹が破裂しそうな痛みがあり、かつプールで溺れてるみたいに息が出来ないのに、息を吸え!イキめ!と言われて苦しかったし、とにかくお腹が痛い、苦しい。局部はちょきんと切開されましたが局部の痛みはなかったです。

10回ほどイキんだら生まれましたが、その間、苦しかったし、痛かった。

それでも隣の自然分娩室からは大絶叫が聞こえたので、本当に無痛分娩にして良かった…。

 

産後のダメージ

無痛分娩だと産後のダメージが少ない、回復が早いと聞いたことがありますが本当かな?実感はないです。

なんなら、産後の痛みは平等なんだな…って悲しくなりました。まず、出産時に麻酔のおかげで感じなかった、局部を切開した刺すような痛みがきました。歩けない、座れない。

自然分娩チームは凄まじい激痛を乗り越えたので、この程度屁でもない!って感じ。一方、私はすっかりへこたれてました。

 

所感

初回の入院費も含めて、合計金額は76万ぐらい。でもやって良かった!

ある程度、陣痛も経験するわけだし「あの痛みを経験しないなんて!」と陣痛信者のおば様方にも言い訳が立ちますしね!

以上、無痛分娩の経験でした!!

著者:hikaridon

無痛分娩で出産!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。