妊娠・出産・育児の情報サイト


重症妊娠悪阻で4ヶ月間休職、10kgも体重が減少。復活の兆しは夫特製ステーキ?!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠3ヶ月目に入った頃、まず風邪みたいな症状で身体がダルくて起き上がれなくなり、仕事をお休みさせてもらいました。

それまで就職して4年間、一度も休んだことがなかったので、仕事を休むのも気が気ではありませんでしたが、2日くらい休んだら大丈夫だろうと思っていました。

 

しかし、日に日に動けなくなっていき、食欲もなくなり、ご飯の炊けた臭いや、冷蔵庫の臭いで気持ち悪くなりトイレに駆け込むようになってしまいました。

体重がどんどん減っていき、食べられるのは旦那が作ってくれる素麺、パスタ、買ってきてくれたセブンイレブンの杏仁豆腐、パピコ、いなり寿司などあっさりした物だけでした。

 

その内に、素麺も吐くようになってしまい、色々食べてみるも吐きすぎて、常に喉の奥に何かが詰まっている感じがして、ただただ気持ち悪かったです。

結局病院で重症妊娠悪阻と診断され、悪阻が治まるまで約4ヶ月、仕事にも復帰できませんでした。

酷いときには、旦那の体臭?すらも受け付けなくなり、別室で過ごしたり、近くの祖母の家でお世話になったりして過ごしました。

ほとんど寝たきりでした。寝室とトイレの行き来のみです。お風呂は毎日シャワーのみにしていました。

4ヶ月間で約10キロくらい痩せてしまい、治まる安定期の頃にはげっそりしていました。

 

色々食べられるように戻るきっかけになったのは、旦那が焼いてくれたステーキでした。

ステーキを運んで来てくれたときは絶対に吐く!と思いましたが、恐る恐る食べてみると美味しくて……!

貧血症状も出ていたので、それからは心配して旦那がお肉をよく食べさせてくれて徐々に回復していきました。

本当に4ヶ月間辛すぎて鬱になりそうでしたが、旦那のサポート、周りのサポートのお陰で回復することができたと思って感謝しています。

著者:なつ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。