妊娠・出産・育児の情報サイト


そのジョーク、笑える? 乳首、お腹…妊婦の体の変化は、出産に向けた準備です!by ゆうひまほ

私が利用した産院には、面会者など誰でも利用できる食堂がありました。 出産入院中、食堂を利用した時の事です。


数人のグループが食事をなさっていて、わいわいと楽しく話をしているのが聞こえていました。

f:id:akasuguedi:20170502114107j:plain

すると、奥さんが出産した直後らしい男性が、
「嫁さんの乳首が黒くなってて、かなりショックでさぁ。でも俺は人間が出来ているから、その言葉を飲み込んだよ。」と笑ったのです。 

一瞬、思考が止まってしまいました

その方はそれをジョークとして話していて、その方の友達らしき人も笑っていましたが、ちっとも笑えませんでした。
奥さん本人はそこに居ませんでしたが、産院に面会にくるぐらいだから親しい間柄なのでしょう。そんな人を相手にする話題でしょうか。

 

お腹が大きくなってくると、体にも様々な変化が現れてきます。それは、おそらくどの妊婦さんもそうだと思います。

f:id:akasuguedi:20170502114154j:plain

私の場合、まず、お腹の真ん中にある「正中線」が茶色く濃くなりました。

幼い頃から色白が唯一の自慢だったので結構ショックで、 最初は色が濃くなってゆく線を見るたびに切なかったです。

f:id:akasuguedi:20170502114306j:plain

そして、臨月に近づくにつれ、乳首の色も暗く、濃くなりました。 私の場合、びっくりするぐらい色が変わったので、これもかなり不安で辛かったです。

 

これらの体の変化に、最初は戸惑いと不安ばかり。

産後
本当に元の状態に戻るの?
それはいつ頃?

 

f:id:akasuguedi:20170502114557j:plain

私自身はとても悩んでいましたが、周りは「妊娠はおめでたいこと」と喜んでくれているので、「そんな小さなことを」と言われてしまうのではと思って、身近な人には誰にも相談できませんでした。

 

体の変化に、周りが思う以上にショックを受け、不安に思っているのは本人です。もう少し、そのことを配慮して発言して欲しいと思うのです。

 

私の場合、出産経験者の声などをネットで見聞きして、

「正中線は胎児だったときの名残かもしれない‥?母も同じように私のことを大事にお腹で育ててくれたんだ」

f:id:akasuguedi:20170502114422j:plain

「乳首の色は、まだ目があまり見えない赤ちゃんが見つけやすいため」と考えるようになりました。

f:id:akasuguedi:20170502114504j:plain

そうすると、徐々にその変化が愛おしく思えるようになって気持ちが楽になっていったのです。

 

f:id:akasuguedi:20170502114542j:plain

その他の変化も、産後半年ぐらいでほぼ元の状態に戻り、今となっては「徐々に出産に向けて体が変化していたんだなぁ、
私って偉い!」なんて、自分が誇らしく思えます

 

f:id:akasuguedi:20160617171450p:plain

著者:ゆうひまほ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:2歳

36歳で妊娠出産、現在元気いっぱいな一歳男児を必死で育てています。広島を愛するアニソンヲタなミーハー主婦。
イラストだけでなく、手芸やDIYも好きな、「なんでもとりあえず自分でやってみる」派です。現在はそれらに没頭する時間が無いのが悩み。
ブログ:よいやさのゆっちサン

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。