妊娠・出産・育児の情報サイト


血糖を下げる注射を打ちつつ、カロリー計算された大量の食事?! 妊娠糖尿病の入院生活

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

待ちに待った妊娠、順調な妊婦生活。

2〜3週間ごとの妊婦検診も順調だったので、予想もしなかった事態にビックリしました。

 

妊娠中期の検査の血液検査でいきなり引っ掛かってしまいました。

ブドウ糖という甘いジュースのようなものを空腹の状態で飲み、1時間後、2時間後の血液をとって血糖の上昇をみる検査です。

今まで、尿糖も出たことがなかったので心配することなく検査を受けました。

正常であれば、インスリンが分泌されて糖を下げていってくれるのですが、私はブドウ糖を飲んだ1時間後の数値が3オーバーしてしまいました。

『あれー?ちょっとオーバーしちゃった』ぐらいにしか思わなかったのですが、その日にいきなり入院決定。

 

後期になるにつれ血糖も上がってくるから、食事制限で数値が安定するか、それともインスリンを打たないといけないか…をみる入院でした。

数値3オーバーくらいだったらお菓子我慢すればあっという間!と思ったんですが、現実は大違い。

指先の血で毎食前、食後1時間後、2時間後に血糖をはかるんですが、少し食べただけでオーバー。

もちろん入院中の病院食、糖尿食なので甘いものはありません。

結果、インスリンをお腹などに毎食前打たないと、お腹の赤ちゃんが巨大児になったり 出産後に低血糖になったりと問題がでてくると言われ、インスリンをうち始めました。

 

そこから試練の連続でした。

食べ過ぎると血糖があがる、でもお腹の赤ちゃんに栄養を与えないといけないので1600kcalの摂取を心がけてくださいと言われ、妊娠前にも食べたことないような量のご飯を病院で出されました

お腹が大きくなってきて、胃が圧迫されてる私にはなかなか食べきれない量…。

血糖を下げる注射を打って、ご飯を沢山食べる…。すごく矛盾してる気がしてやるせなくなりました。

 

また退院後も、出産まではインスリンを打つことになったのですが、外食の時が大変。

超速効性のあるインスリンだったので、注射を打った瞬間から何か食べないと低血糖になってしまいます。レストランでは注文して料理が出て来てから、お手洗いなどに隠れてお腹に注射してから食べる。

鍋は煮え上がってから、焼き肉やバイキングもお皿にとってから注射です。

なので、よくご飯に行く友達には事情を話さないと変に思われていたかもしれません。

薬だと赤ちゃんに影響があるので、注射しかダメだそうです。

 

また、妊娠糖尿病になる前は 妊娠線が残るのが嫌でクリームでマッサージしていましたが、お腹にアルコール消毒して注射を打つので塗らないでと言われてしまい、マッサージもできなくなってしまいました。

 

そんな辛い日々で、さらにインスリンを打つ量も増えていき、赤ちゃんのことが心配になりましたが、平均体重で無事に出産できました!

産後はすぐに血糖も安定して、注射もしなくてよくなりました。

ただし将来、糖尿病になる確率が高いと言われたので、食生活を気にしながら生活しています。

私は糖尿家系なので、遺伝ではないかと言われました。

食生活に気をつけたほうがいいとわかってよかったです。

そのかいあってか、現在二人め妊娠中。

インスリンも打たず、食事に気を使うだけで妊婦ライフを過ごせてます。

 

妊娠糖尿病は、その時だけです。

赤ちゃんもお腹の中で頑張っています。あなただけじゃないです。

だから 頑張りましょう!可愛い赤ちゃんに逢うために。

著者:アリコ

30歳の初産 妊娠中期に妊娠糖尿病に…インスリン生活を乗り超え 可愛い赤ちゃんに逢えました

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。