妊娠・出産・育児の情報サイト


せっかく縫った糸をぶちぶち切って緊急手術に! スーパー安産後に襲った謎の激痛

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての妊娠、出産でした。

予定日は9月。まだまだ暑い日が続いていたし、お腹は重たい。

早く出て来てくれー!と思いながら迎えた出産予定日、朝からおしるしが!

 

慌てて産院へ電話するも、痛みも強くなかったため、とりあえず普段通り過ごして下さいとのこと。

おしるしがあってから1週間産まれなかったという友達の話も聞いていたので、あまり焦ることなく、恒例のウォーキングへ。

若干の生理痛ほどの痛みが10分間隔にきていたけど、これくらいの痛みじゃな、とウォーキング続行。1時間のウォーキング後、また出血。

念のため電話すると、一応見てみましょうとのことで入院グッズを持って病院へ。

相変わらず生理痛のような痛みが10分間隔にあるくらい。

 

病院につき診察へ。

先生は私の顔をみて、そんな痛みじゃまだかなぁと苦笑い。

子宮口をみてもらうと…まさかの7センチ開いてる!

 

先生も私もびっくり。

すぐに入院準備。分娩室へ移動。

そこからはあれよあれよと言う間に2時間で出産。

鼻からスイカとか、お尻に水牛がつっこむ痛みとか聞いていたのでかなり身構えていたけど、想像していたよりはすんなり出産!

あまりの安産に旦那は夕飯を食べていて立ち会えず。笑

 

息子の元気な産声を聞いて、はじめて自分の胸に抱いて、家族で記念撮影。

無事産まれて本当によかった、と家族全員で幸せな余韻に浸っている中、徐々に右のお尻に痛みが。

うーん…まぁ直後だし痛いのかなと、しばらく我慢してたけど徐々に痛みは悪化。

我慢できずナースコール。

看護師さんに冷やしてもらうも、痛みはさらに悪化。

もう油汗が止まらない。むしろ陣痛より痛い。うなるほどの痛み。

 

先生に診てもらうと、子宮内の血管が切れて、血腫ができていてどんどん大きくなっていると。

血腫をとって止血しないともっと痛くなるとのことで、緊急手術に!

部分麻酔はしてくれたけど、時間との勝負なのかほぼ効いてないまま開始。

せっかく縫い終わった糸をぶちぶち切って、先生が膣からたまった血をかきだす。これが痛い!死ぬほど痛い!絶叫!!

さらに強く止血のため圧迫!いたーい!いたーい!また絶叫!!!

 

まさに悶絶でした。

その後は痛みも引きましたが、出産より陣痛より何よりつらかった血腫事件でした。

著者:みさぽん

2016年9月に男児を出産!

育休中にしかできないことを日々満喫中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。