妊娠・出産・育児の情報サイト


恥ずかしいなんて言ってる場合じゃなかった! 育児に追われて放置した便秘の結果…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

あまりキレイなお話ではないので、申し訳ないですが誰かのお役にたてれば…。

妊娠中から産院でお薬をいただいて乗りきっていた便秘産後も続いていました。

 

赤ちゃん返りで、トイレに行くだけで泣きながら「ママー」と叫ぶ、後追い復活中の2歳の長男。わりとよく泣く生後2ヶ月の次男。

こんな2人の育児に追われ、自分の事なんて後回し、授乳で水分もとられて便秘はさらに悪化していました(便秘の事を考える暇もなかったです)。

 

産後の筋力の衰えもあってか、気がつくと自力で便が出せない状態に…。

トイレにこもる→子供が泣く→貧血の様にフラフラになりながらお世話→またトイレに…を数時間繰り返し、床を這いつくばって歩くほどの状態に…でも子供は2人で泣き叫んでる。

病院で処置をしてもらわなきゃダメかも。

でも誰も助けを呼べない。

もう自力でどうにかするしかないと、本当に出産の様な必死の思いで頑張って出しました。

すると見事におしりの痛みが…。

 

こんな事で病院に行きたくない。

おしりの診察なんて恥ずかしい。

でも痛くて歩くのもままならない。

翌日、羞恥心とプライドを捨て、母に子供達をみてもらって病院に駆け込みました。

診察は本当に恥ずかったし、先生には「無理をするな」と怒られましたが、お薬でラクになったので、勇気を出して病院に行ってよかったです。

 

便秘母乳にも影響がある様ですし、こんな恥ずかしい思いをしなくて済むように、日頃から気をつけなきゃいけないんだなと改めて思いました。便秘侮るべからずです。

著者:みるきー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。