妊娠・出産・育児の情報サイト


旦那はちっとも分かってくれない!出産時の義両親

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は38週で娘を出産しました。

予定日までまだまだと思っており、直前の検診で子宮口一本くらいだから、どんどん動いて!と言われた次の日の朝に陣痛が来て、夕方に産まれました。

 

里帰りしていたので、母に病院に送ってもらい、夫に連絡。

義両親への連絡は、入院したことを伝えるとのことでした。

 

病院に着いたのが5時過ぎ、母が帰った8時前に入れ違いで、夫と一緒に陣痛室に義母登場。

内診される時にもカーテンは引いてくれたものの室内に居ました。

それからしばらくして、私からの無言の圧力により、夫から義母へ帰ってほしい旨を伝え、義母帰宅。

夫に謝られるも、だったら連れてこないでくれ、せめて部屋の外にいてくれと言え!!と思いました。

 

午後から間隔も短くなり痛みも増してきたのになかなか子宮口は開かず、何度もぐりぐりされて痛い痛いと叫んでいた15時頃、再び陣痛室に義母登場。

今度は義父も一緒だったようで、慌てて旦那が閉め出す。

その後は産まれるまでずっと廊下のソファーに居たようです。

その日、陣痛室には私しかおらず、叫びまくってたので、その声もばっちり聞かれました。

 

16時頃に破水もしないし、辛そうだからもう分娩室行きましょうと言われ、18時前に産まれました。

 

陣痛室には誰でも入れる病院でしたが、事前に助産師さんに義両親は陣痛室に入れてほしくないと伝えてあったにも関わらず、居座られ、とても嫌でした。

母は自分も居なければ、義両親も居座らないだろうと思い、帰ってくれましたが逆効果だったようで…。

来るだろうなと思ってはいましたが、勘弁してほしかったです。

 

これからお産に臨まれる方、義両親が来そうだな…来られたくないな、と思った場合、事前にしっかりご主人に伝えてもらうことをおすすめします。

私はホントに来た!!と思いましたから…

著者:ちょ

3ヶ月のよく寝る娘のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。