妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮内膜ポリープ

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚したのが30歳を過ぎていたこともあり、すぐに自分も旦那さんもブライダルチェックをしました。

二人とも特に異常はありませんでした。

生理痛が結構酷かったので、改善のために漢方も処方してもらって、血の巡りを良くするように努めていました。

基礎体温は20代の時からつけていましたが、綺麗なグラフでした。

 

結婚して半年くらいした時、基礎体温も綺麗なのに妊娠しないのには、他に理由があるのかと思い、不妊治療専門の病院を探しました。

初診の予約をとるのが半年後位になってしまうほど、病院が混みあっているとのことで、キャンセル待ちの電話を何度もしました。

 

ついに初診の日、血液検査や治療についての先生からのお話、料金表をもらってこんなにかかるんだ…と驚きました。

 

何度か通院したとき、子宮内膜に多数のポリープが見つかりました。これが妊娠の妨げになるとか…自覚症状は全くありませんでした。

子宮内膜のポリープは生理直後くらいから数日ははっきり見えるらしいのですが、生理が近づくにつれ内膜が厚くなるので見えづらくなるそうです。

なので、検査する日によっては見つけるのが難しいようです。

すぐに子宮内膜ポリープを取る手術をし、妊娠する事が出来ました。

著者:ちいちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。