妊娠・出産・育児の情報サイト


まさか私が妊娠糖尿病!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠5ヶ月に入り、戌の日に母、義母、主人と安産祈願へ。近くに有名な親子丼のお店があったので予約をしており安産祈願を終えて皆で向かいました。

丼物が好きで親子丼にテンションが上がっていると、一件の電話が。

出てみると病院からで、

「ブドウ糖負荷検査で高い数値が出たので今すぐ入院してください」

「えぇっ?!今からは厳しいです。。」

「じゃあ明日きてください」

というやりとりをしていったん電話を切り、母と義母と主人に事情を説明。

「そんなに高かったの?」と皆驚き。

遺伝でもないし、仕事から帰れば自炊もするし、太ってもいないし、年齢も20代。

なぜ私が?と思ったが、病院の言うことは絶対。

人生で大きな病気もなく入院したこともないので不安でした。

母と義母はさすが、動じず「大丈夫よ~」と励ましてくれました。

 

とりあえず次の日から管理入院ということで、ひたすら食事の管理をされるだけ。

体も心も赤ちゃんも元気な中、ベッドに一日中いるのは暇で仕方なかったです。

ただ食後に血糖値を毎回測り、基準値を超えないように徹底管理をするので毎度ドキドキ。

 

雑誌を読んだり、病院の周りをお散歩したり、母が会いにきてくれたりと二泊三日を過ごして退院。

退院後は毎回の食後に血糖値を測ることになりました。

仕事をしていることもあり、血糖値コントロールが難しい時もあって、食べ過ぎたり、糖質取り過ぎた時はやはり数値が上がってそれがストレスに。

しかし、ストレスになるくらいなら徹底的にコントロールしよう!と燃え、日々何で血糖値が上がるかなど試してみました。

 

そうすると段々慣れてきて、お菓子も我慢できるしコントロールがうまくいってきて妊娠8ヶ月の今、何とか数値を保つことができています。

元気な赤ちゃんを産みたいと思う気持ちと、出産後に食べたい物リストを作ってモチベーションを上げています!

同じ状況の妊婦さんがいたら、赤ちゃんのためにと思って一緒に頑張りましょう★

著者:るる

妊娠8ヶ月目の初産婦です(*´∀`)♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。