妊娠・出産・育児の情報サイト


マイペース&割り切り

デスクワーク中心の会社員です。

部署内は女性が7割で、そのうち半数が子育て経験のある方がいらっしゃいます。

部署内でもいくつかのチームに分かれていますが、その中でも女性の子育て経験のある上司に恵まれ普段から細かい気遣いや配慮をしてもらえる環境でした。

 

そんな中でも、妊娠の報告に躊躇する気持ちもありましたが、経験のある方に些細な変化に気づいてもらったこともあり、初期に上司にのみ報告をしました。

安定期に入るまでは…などタイミングに迷う方もいらっしゃるかと思いますが、体調を第一に考えて必要最低限の関係者には早めに報告をしたほうが、赤ちゃんにも会社側にとってもいいと思います。

 

妊娠報告後は、出張が免除されたり、稀にある身体を動かす仕事なども免除されるなど配慮してもらえました。

私自身がつわりなどの症状がなく、安定して妊娠生活を送れていましたが、そんな中でも慣れない身体の変化で仕事と家事を両立させることが辛い時期もありました。

そんな時は、体調が悪い訳でもないけれど、普段は使わない有休をとってみたり仕事中に外の空気を吸ったり、可能な間食や飲み物でリラックスしたり、残業はせず定時で退社することなど、自分のペースで生活して気を紛らしていました。

体調が悪くなくても、妊娠していることを理由に少し大げさだと思うくらいゆったり過ごすくらいが、仕事も家事も程よくこなせる秘訣なのではと思います。

著者:エル

新婚旅行後に妊娠がわかり、驚きの連続でしたがマイペースに妊娠生活を送ってきました。今は産休に入り、旦那さんとの残りの夫婦生活の時間を大切にしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。