妊娠・出産・育児の情報サイト


辛かった不妊治療を乗り越え

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私が治療を始めたのは37歳の時。

年齢的な事もありすぐに体外受精へ。

1回目アンタゴニスト法、2回目はショート法にて顕微受精するも着床せず。

体質改善の為に鍼に通い、ショート法にて2個採卵。受精卵を着床前診断に出しましたが2つとも染色体異常との事で破棄。(さすがにこの時は絶望感で涙が止まらず)

その後、漢方薬局へ→アナタの場合は体質改善まで1年はかかるとの事。

焦る心が抑えきれずアンタゴニストにて採卵→失敗。ショート法にて採卵→失敗。

やはり漢方を始めてから1年待とうと思い直し、一年後マイルド法→1つも取れず。

私にはショート法が合ってると思い直し先生に相談の上、今まで使用していたフェリングという薬以外にフェリルモンという薬を使用してもらい、2個採卵→着床前診断で1つが正常卵である事がわかり無事着床!

全部は書ききれませんが、計8回の採卵にて妊娠に至りました。

 

何度も挫折や絶望感にさいなまれましたが諦めなくてヨカッタ。

ウォーキングや食事にも気を配り、良いと言われる事は出来る範囲でやりました。

もうすぐ出産予定日です!今ではお腹の中で元気にキックしてくれてます。

正直経済的、精神的にも辛く、全ての事を差し置いて治療にいどみましたが今はとても幸せです。

ちなみに現在41歳。

今悩んでいる方にも頑張って欲しいです!みなさんに天使がやってきますように!!

著者:あっちゃん

41歳の初マタです。

不妊治療により赤ちゃんを授かりました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。