妊娠・出産・育児の情報サイト


こうして授かりました

f:id:akasuguedi:20170530211419j:plain

f:id:akasuguedi:20170515214203p:plain

子供を授かるまでに2年かかりました。

それまで、子供は授かりものだからと自然に出来るのを待っていましたが、なかなか出来る気配無し。

基礎体温を計り、規則正しい生活を送っていましたが、それでも仕事のストレスと子供が出来ない事へのストレスが重なえい、一旦基礎体温も規則正しい生活からも意識を離してリセット!主人と楽しい日々を送ることにしました。

春には旅行、夏には海、秋にはショッピング、冬は互いの趣味であるスノーボードと遊びに没頭!

 

来年は北海道でスノーボードしに行こうと計画までもし、先の楽しみに浮かれていると、子宮がチクチクとする感じがして産婦人科へ。しかし、チクチクの原因は分からず。

セカンドオピニオンでもう一つの産婦人科へ。それでもそのチクチクの原因はわからず…。

2ヵ月がすぎた頃、何だか体が熱いかも…吐き気がするかも…妊娠を全く想定していなかった私は、妊娠検査薬をして見ると、陽性。

すぐに産婦人科へ行くと、エコーではしっかり人間の形をした3cmの子供の姿を見ました!

子宮のチクチクが超超初期過ぎて、2箇所の産婦人科では見つけられなかったのだと思います。

なかなか出来なかった私の体でしたが、主人との生活を見直し仲良くしていた事に、娘が私を選んで来てくれたのだと思っています。

娘が生まれてからも主人と仲良く過ごせているので、出来ないからと焦ること無く主人との愛を深める時間をだったのだと私は思います

著者:Annis

5月末に2人目の出産を控えているいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。