妊娠・出産・育児の情報サイト


退職? 復帰? 迷いに迷った2人目の妊娠報告。意を決して同僚に相談してみると…

f:id:akasuguope01:20161020202633j:plain

一人目の出産から職場復帰して約1年。 仕事の感覚も戻り、楽しくなってきた頃でしたが、心の中ではひっそりと二人目の妊娠を望んでいました。

と言っても、そんなに簡単に妊娠するとは思っていませんでしたが、なんとめでたく二人目を妊娠!

赤ちゃんを授かって嬉しい反面、復帰して1年でまた職場に迷惑をかけるのかと思うと、憂鬱でした。

頭の中では 、「また妊娠報告か~。嫌だなあ。…って私、また復帰できるのかな?退職かな」の繰り返しでした。

主人も妊娠には喜んでくれましたが、仕事については相談しても「自分はどうしたいの?」と言われるだけ。結局自分で結論を出すしかなく、モヤモヤするばかりでした。

 

妊娠報告の時期は色々な意見がありますが、私は以前に化学流産した経験があるため、安定期に入ってから職場へ妊娠報告をするつもりでした。
妊娠が判明したのは2ヶ月頃。

「安定期の5ヶ月まではまだ時間がある!ゆっくり結論を出そう」

と考えていましたが、実際は仕事と育児に追われる日々。

さらに、酷いつわりにも苦しめられ、考える暇もなくあっという間に時間が過ぎていきました。

 

通勤の電車の中、寝る前などに『仕事は好きだけど、二人の育児をしながら本当に続けられる?』と自問自答する日々でしたが、どれだけ考えても堂々巡り。

一向に答えが出ないまま時は過ぎていき、ついに安定期に突入。

「このままずるずる引き延ばしても仕方ない!」

と腹をくくり、まずは同僚に妊娠報告することを決めました。

 

同僚に相談があると告げ、1対1で話す機会をもらいました。

ドキドキしながらも「実は二人目を妊娠して…」と話し始めると、驚きながらもすぐに「おめでとう!」と祝ってくれました。

辞めるにしろ、育児休暇を習得するにしろ、職場に迷惑をかけるので申し訳なく思っていること。そして、今後仕事を続けるかまだ迷っていることを正直に伝えました。

どんな反応をされるか不安でしたが、同僚からは、

「私は戻って来てほしいと思っている。この職場はお子さんがいる方も多いし、みんな理解があるから、二人育児で色々心配だと思うけど、なんとかなるよ!復帰してみて、それから続けられるか考えてみたらどう?」

と言ってもらい、数ヶ月一人で悶々と悩んでいた緊張がほどけ、思わず涙が出てしまいました。

その同僚も双子のママ。育児の大変さを十分に理解しているので、私の気持ちを汲んでくれたのかもしれません。

 

それからは勢いがつき、上司である社長へ妊娠報告に行きました。

直前は一語一句思い浮かべシュミレーション。封建的な考え方の社長に退職を示唆されるかもとビクビクしていました。

緊張しながら「実はこの度、赤ちゃんを授かりました」と話し始めると、「この間も出産しなかったっけ?」とさらっと嫌みを言われ…。

でも「あなたはどうしたいの? 続けたいの? 辞めるの? 二人育てるのは、大変だよ」と言われ、拍子抜け。

どうやら社長は妊娠報告されることに慣れており、二人の育児が大変ということも理解しているようでした。

同僚のアドバイスもあって「育児休暇中はゆっくり子どもと過ごし、職場復帰をしてから本当にやっていけるかどうか見極める」という結論に至りました。

 

あんなに悩みに悩んだ妊娠報告でしたが、職場のみんなからも温かく祝福してもらい、無事に出産休暇を迎えることができました。

現在育児休暇中。二人の子育てをしながらの職場復帰を想像すると正直不安もありますが、今は子どもとの貴重な時間を大切にしながら過ごしています。

著者:mint
年齢:30代
子どもの年齢:3歳 0歳

外国人のパパと二人の女の子の子育てに奮闘している、現在育児休暇中のママです。バリバリ仕事をしていた20代も懐かしいけど、パワフルな子供二人に毎日ヘトヘトになりながらの毎日は楽しく幸せです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。