妊娠・出産・育児の情報サイト


バルーン+促進剤+吸引の出産と、無痛分娩での出産。

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

1人目の出産は、総合病院でした。

予定日が近づいた検診で、赤ちゃんが大きくなってるから今からバルーンしましょう!と言われました。

その時の私の知識では、バルーンって難産の人がもうダメって時に入れるやつでしょ?

めちゃくちゃ痛いって聞くよ。まだ予定日まで3週間もあるのに痛いの嫌だ!

それに今から入院するの?準備できてないよー。という事で断りました。

次の週もなんとか断りましたが、予定日の2日前にバルーン入院する事が決定。

それまでに陣痛が来る事を願いましたが残念ながらこず、バルーンの日を迎えました。

 

入院して処置室に呼ばれバルーン挿入。あれ?全然痛くない。楽勝かも。

病室に戻ると、看護師さんが、血が飛び散ってもいいようにシート敷きますねと、ベッド、さらに大部屋でベッドを仕切ってるカーテンに安全ピンでシートをとめました。

ええっ!!そんなに血が飛び散るの!!(バルーンにもいろんな種類があるそうですが私の場合はこうでした)すると、重りつけますね。へ?重り?なんの説明も受けてないけどー!!足元のベットの柵に重りが設置、それを私のお股から出てるバルーンの紐に繋げると…激痛!!ものっ凄い激痛!!!これ、出産より痛かった。

冷汗だらだら、息もやっとって感じで、数時間 枕に顔を埋めて耐えました。

数時間後、抜けてしまえば痛みは全くなく、血もカーテンまでは飛び散りませんでした。

これで自然陣痛を待って入院。翌朝、陣痛が来なかったので促進剤をしました。

昼食のあとから少し陣痛がきて18時に分娩室に行くまでに何回も処置室に呼ばれ、先生と助産師さんのグリグリ攻撃!!これもめっちゃ痛い!!

汗だくで分娩室に入って分娩台にまたがると、はい切ります。えっイキナリ会陰切開!?と思ったけど、麻酔もあって痛みはなし。

それから1回も自分ではいきまず、はい吸引します。はいお腹押すのに合わせていきんで下さいね。

そんなこんなで分娩室に入って10分後には生まれてました。3300gの男の子でした。

 

2人目は、1人目で嫌な思い出しかなかったので、無痛分娩のある総合病院へ。

検診では、この病院はお母さんと赤ちゃんを1番に考えています。無理やり出すなんてこと絶対にありません。自然のリズムで。と言ってもらえて一安心。

自然に陣痛がくるまで待ってくれました。

予定日7日前、破水して入院。その夜は陣痛はこず、次の夜に陣痛がきました。すぐに麻酔科の先生が来てくれて下半身麻酔をしました。

陣痛室で会話をしながら1時間待機。子宮口全開で分娩室に。

でもここからが長かった。1人目のイメージでは分娩室に入ったら10分で終了。のイメージがあった私。今回は自然のリズムですから、自分で頑張るしかありません。

しかも1人目より500gも大きい赤ちゃんです。2時間汗だくで頑張ってようやく生まれました。

でも、ゆっくり生まれたせいか会陰切開はありませんでした。

無痛分娩でしたが、私には出産の時の効果はあまりありませんでした。1人目と同じくらいの痛みです。

後で聞いた麻酔医の話では、陣痛時のお腹の上の方の痛みによく効く人と、出産時のお腹の下の方の痛みによく効く人、両方によく効く人と分かれるんだそうです。

費用は自己負担の麻酔料金、しかも深夜料金がプラスされて15万とお高くつきましたが、陣痛の1時間、あの痛みから解放されたかと思うと後悔はありません。

 

いろんな体験をしましたが、2人目の出産の方が、自分で生んだっていう感覚が凄いあって良かったと思ってます。

赤ちゃんも自分のタイミングで出てこられてよかったのかなと思います。でも、どんな出産でも、2人とも凄く可愛いです。

著者:りいちゃん

二児の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。