妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠4週目で妊娠したと確信

私の場合は、妊娠性鼻炎から始まりました。ちょうど妊娠4週の頃は、ネイルの試験を1週間後に控えていて、最後の猛特訓中で、判明したら試験に集中できない気がしたので、身体をいたわりつつ、試験が終わった次の日に検査薬をし、陽性反応が出ました。

その1週間のうちに、さまざまな身体の変化がありました。

まず、今思えばこの頃から臭いに敏感になっていたのかもしれませんが、尿のアンモニア臭がきつくなり、普段なら酔わないはずの電車で酔い、くしゃみ鼻水がひっきりなし。

そしてちょうど試験が終わった日(この時妊娠5週目)の夜中に激しい頭痛と吐き気と息苦しさで寝れず。冷やしたら頭痛は治り、ソルティライチを飲んで吐き気がましになったのを覚えています。

それがつわりの始まりで、約2ヶ月半ベッドの上でなにもできない日々…匂いづわり、食べづわり、よだれづわり、、とどんどん追加されていきました。家事もできず、起き上がるのもお手洗いくらい。お腹が空くと気持ち悪いので、常に枕元に食べ物を置いておきました。味覚も変わり、甘い物は全く受け付けず、定番のお米の炊ける匂いもダメになりました。食べ物の好みも1週間ごとに変わり、ブームがくると旦那にごっそり買ってきてもらっては、好みが変わり、、の繰り返し。

いつ終わるのか、終わりが来るのか、横になりながら1人で考えていたら、自然と涙が流れました。

しかし、その時はいきなりやってきます。急に、あれ?大丈夫かも!って日がきて、それからというもの、今までの跳ね返しでご飯がめちゃくちゃ美味しく感じ、妊娠前には考えられない量のご飯を食べるようになり、、なんと妊娠9週の現在、プラス12キロに。現在は産院で体重管理について指導が入り、間食はせず、とにかく野菜をたくさん食べるようにしています。

先週からは、旦那と夜に1時間のウォーキングも始めました。お産のために少しでも体力をつけて、望みたいと思っています。

子どもが産まれたら出来ない2人だけの今の時間を大事に、そして楽しみにあと少し過ごしたいと思います。

 

著者:ゆう

31歳、初産です。もともとホルモンバランスの変化にとても影響しやすい体質で、つわりがひどく、また中期以降は幸せホルモンの影響で、比較的穏やかな毎日でした。また、子育てしやすいお部屋作りから、出産育児準備、お金にまつわること、学資保険と、日々やることはいっぱいです。現在はほぼ準備を終え、出産にむけて体力づくりを頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。