妊娠・出産・育児の情報サイト


「寝返り」はできたけど「寝返り返り」はいつから? うつ伏せ寝の危険にヒヤリ

f:id:akasuguope01:20161129150917j:plain

息子が寝返り出来るようになったのは、4ヶ月目に入る少し前でした。

ある日、実家の和室に息子を寝かせていると、体を横に傾け足で畳を蹴るようなポーズになり、「ゔゔー!!!ゔわああああ!!」と大絶叫を上げながら寝返りの練習を始めたのです。

奇声に近い大きな声を上げたので私も実母も驚きましたが、とても力強さを感じました。

数日間に渡る「大絶叫付きの寝返り練習」の末、ついに寝返りを習得した息子。

寝返りが出来た時の感動より、この練習風景の記憶の方が印象的だったのを今でも覚えています。

 

寝返りが出来ると言っても、コロコロ転がる「寝返り返り」はまだ未習得。

寝返りだけしか出来ないうちは、顔を突っ伏したまま窒息してしまう可能性がありました。

丁度その頃、私の実家で両親を含めた家族5人で夕食を囲む機会があったのですが、途中で息子が寝愚図りをし始めたので、実母が寝室で寝かしつけてくれました。

しばらくして寝静まった息子をベッドに置いて実母がリビングに戻ってきました。

その頃の息子は、寝ている間でも隣に誰かが一緒に居ないと寝れないタイプだったので、「一人で寝れるんだ!」と感心しながら、大人4人で夕食を再開しました。

寝かしつけてから10分程度経った頃でしょうか。リビングのテレビの音に紛れて微かに泣き声が聞こえた気がしました。細々とした泣き声で、私以外には聞こえていないようでしたが、確かに息子の泣き声でした。

ハッとしながら慌てて寝室に居る息子を見に行くと、ベッドの上の柔らかなマットレスに、うつ伏せで顔が埋まったまま息子が泣いていました。

急いで息子を抱き上げるとすぐに泣き止みましたが、もしもテレビの音に泣き声がにかき消され、顔を埋めながら息ができない状態が長く続いていたら…と思うと心臓が止まるような思いになりました。

 

前述の通り息子は寝付いた後も一人では寝られないので、ベビーベッドは新生児の頃からを数える程度しか使ったことがありません。

普段自宅では硬めのマットレスを使用しており、眠りながら寝返りをしても息子自らが顔を少し横に向けて上手く寝ていたので、うつ伏せ寝に関してあまり気にしていませんでした。しかし今回のことで、自身の危機感不足を痛感しました。

 

息子はいつからか「寝返り返り」も出来るようになり、このような事態は一度きりでしたが、万が一最悪の場合を想像した時の気持ちは今でも忘れられません。

f:id:akasuguope01:20161127171728j:plain

著者:うーたん
年齢:27歳
子どもの年齢:9ヶ月

9ヶ月の息子、猫4匹を育てています。
初めは息子が猫の毛を毟り猫が逃げてしまうだけでしたが、息子が成長するにあたり猫達が息子に寄り添ったり、息子も毛を毟る事
はしなくなったりと、可愛い者たちの成長を日々感じながら楽しく子育てしています。
私自身は、アイドル、アニメが大好きな専業主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。