妊娠・出産・育児の情報サイト


音楽と話しかけで胎教。3歳になった我が子にお腹の中はどうだったか聞いてみると…

f:id:akasuguope01:20161129151919j:plain

妊娠したことが分かって一番最初にやりたかったことが、胎教でした。
お腹の中に居る時にたっぷり話しかけて育てた子は、夜泣きも少なくて育てやすいという話を聞いたことがあったからです。
まだ育児自体が未知の世界だったことや、私の甥っこが夜泣きがひどくて大変という話を聞いていたため、胎教はしなきゃと思い込んでいたというのもあります。
胎教にどれくらい意味があるのか分かりませんでしたが、まず実践あるのみ!と妊娠四ヶ月頃から胎教を始めました。

妊娠四ヶ月というとお腹も少しふっくらとして来て、少しずつお腹に赤ちゃんがいるという実感も沸いてくる頃です。
モーツァルトや童謡のCDを、昼間、家に居る時によくかけていました。
またオルゴールをお腹の上に置いて回したりもしていました。
いつも同じものを聴いていると、その音楽が流れている時よく胎動も感じるようになりました。
妊娠後期にもなると、音楽をかけると気持ち良さそうに動いているような、むにゅむにゅとした胎動を感じるようになりました。

音楽による胎教も軌道に乗っていましたが、一番の力を入れた胎教は「話しかける」ことでした。
私がリラックスしている時は、お腹を触りながらたくさん話しかけました。
散歩をしている時も、ずっとお腹に話しかけながら歩いていたので、周りからしたら変な人に思われていたかもしれません。
私は「急がなくていいからね~あなたのタイミングで生まれて来てね」と話かけていました。
そんな我が子は予定日ジャストに産まれて来ました。
お腹の中の子にちゃんと声が届いていたのかも?と思っています。
産後は、お腹に居なくなってしまったことを少し寂しく感じたほどでした。
しばらくの間、独り言を言うクセが抜けなくて困っていましたね。

産後も新生児の頃から胎教で聴いていたオルゴール音の「きらきらぼし」を歌ったり、モーツァルトの曲をかけてあげると、聞き覚えがあるのかな?よく眠ってくれて夜泣きもほとんどなく、初めての育児の割りには育てやすいなぁと感じました。
正直なところ、自分のしていた「胎教」が子どもにどう影響を与えることが出来たのか?それって後になってみないと分かりません。
気になっていた私は子どもが三歳くらいになった頃、「お腹の中ってどんなのだったの?」と聞いてみました。
「真っ暗で色んな音が聴こえてた!いつもママの声が聞こえてたよ」と話してくれました。
そんなわが子・・・とてもおしゃべりな女の子に育ちました。
ひょっとしてお腹の中で、母の独り言を聞いていたせい??と思っています。

f:id:akasuguope01:20161127174345j:plain

著者:さとあり
年齢:37歳
子どもの年齢:9歳、7歳、4歳、1歳

結婚を機に仕事を辞めてそれから専業主婦をしています。
小学生から1歳児まで4人を育てていますが、少しずつ手が掛からなくなっていくのが寂しいなと思う子沢山な母です。
ひとりひとり個性があってやり取りも楽しいですし、母も子供たちに日々成長させられているなぁと感じます。
子供たちのお陰で毎日飽きない日々を過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。