妊娠・出産・育児の情報サイト


なおしてもなおしてもまた逆子になる我が子、外回転術の後誘導分娩で出産!

妊娠30週頃から逆子だったけれど、そのうちなおるでしょうと言われて35週までは逆子体操などしながら様子を見ていましたが、36週の健診でも逆子のまま。

近くの総合病院を紹介され、外回転術を受けました。

あっけないほど簡単に第2骨盤位から頭位に戻り、戻した先生からは「あまりに簡単に戻せたからまた逆子に戻るかも…」と言われ、翌週37週の健診に行くと…また逆子

もう一度総合病院の産婦人科で外回転してもらい、またも簡単に戻りました。

2日後くらいに、えらく胎動が激しいな~と感じて、左上の方に頭らしき塊が出現。

あー戻ったのかなと思いつつ、38週の健診に行くとやっぱり逆子で再び外回転で戻し、39週の健診でもやっぱり逆子でまた外回転…。

39週6日の健診でも逆子で、どうしても帝王切開が嫌だったので、外回転して逆子をなおしてもらってから産婦人科に入院して誘導分娩にしてもらいました。

 

翌日、無事に頭位のまま出産に至り、ほっとしました。

あきらめないで外回転術を計5回もしてもらい、なんとか希望の自然分娩ができたのでよかったです。

誘導分娩も思っていたほどきつくなくすんなりお産が進んで、最初は子宮口が開いてなかったので、バルーンを入れてある程度開いてから陣痛を促進する点滴をしましたが、誘導を始めてから出産まで6時間で産後の消耗も1人目の時よりずいぶん軽くすみました。

著者:りんりん

2児のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。