妊娠・出産・育児の情報サイト


海外と日本の別居婚。「卵管造影後は妊娠しやすい」のうわさを頼りに、いざ妊活!

f:id:akasuguedi:20170602160413j:plain

f:id:akasuguedi:20170530212304p:plain

私30代後半、主人40代前半。

10年以上の付き合いの末、去年春に入籍したものの、数年前から海外と日本の遠距離で、当然別居生活。

 

年齢が年齢なので、できるだけ早く子どもがほしいと思い、入籍前にブライダルチェックを双方受けました。

基礎体温、食生活やサプリを色々試し、休暇をやりくりして入籍から1年弱の間に4排卵期でタイミングをとることができました。

妊娠の可能性が高い期間は毎日/隔日と頑張りましたが、うまくいかず…。

 

入籍から1年経つ頃、日本へ一時帰国の休暇が取れたので、ネット記事で読んでいた「卵管造影検査後しばらくは妊娠しやすい」といううわさを頼りに婦人科へ。

入籍した際の帰国時にも受けたかったのですが、何箇所かへ電話で問い合わせたものの、何回かの通院後でないと検査できない、予約が◯月まで埋まっている等、今回の帰国中でも卵管造影検査を受けられる可能性は低いものでした…。

(在住国でも受けられなくはないものの、遠隔地ということと言葉の不安もあり、保険は適用されませんが日本の病院を選びました)

 

が、とりあえず最初はカウンセリングで来院してくださいと言われた病院へ行ったところ、事情を話すと、「じゃあ今日午後一で検査しましょう」と、混雑しているにも関わらず仰って下さり…想像以上のスムーズさで、念願の卵管造影検査を受けることができました。

おかげで直後の排卵期のタイミングで妊娠することができました。

 

はじめから日本で同居してればいいじゃん、と言われれば身も蓋もないのですが、こういう状況で運が重なり妊娠できたことに感謝です。

まだ妊娠期間は数ヶ月ありますが、このまま無事出産までいきますように。

著者:くりゅ

30代後半、海外で飲食業従事です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。