ゼクシィBaby みんなの体験記


立ち会い出産の大切さ

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠が分かった時から、漠然と立ち会い出産を希望していました。

立ち会って何をして欲しいというのは特に想像もつかなかったのですが、やはり1人で分娩室へ入るのに不安があったのだと思います。

 

出産当日は、仕事帰りの旦那が産婦人科まで車で向かってくれて、そのまま分娩室へ入りました。

出産ラッシュの日だったので助産師さんもバタバタしていて、拳で肛門を押さえてくれていたのは旦那です。

 

その他にも、陣痛が来るたびに腰をさすってくれたり、飲み物を飲ませてくれたり汗を拭いてくれたり、して欲しいことを気兼ねなく言えたのは良かったと思います。

 

子供が産まれる瞬間は、私は正直疲れのピークであまり覚えていないのですが、旦那はしっかりと見ていて、未だに鮮明に覚えているそうです。

子供がどうやって産まれるのか、出産の時の奥さんの姿、全て見ているからこそ子供が余計に愛おしく感じるとも言っていました。

《初めて抱っこしたのがパパ》というのも自慢のようです。

 

ちなみに、旦那は血が大嫌いで初めは立ち会いを渋っていたのですが、結果的に立ち会えて良かったし、他のパパも立ち会えるなら立ち会った方がいいとと言っていました。

今では、休日は率先して家事育児を手伝ってくれます。

何より息子に嫌われるのが今から怖いようで、パパっ子にさせる為に必死です。

私も、そんな様子を見て微笑ましく思えます。

著者:まっきぃ

6月生まれの男の子がいます。

毎日てんてこまいですが、日々の成長に癒されてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。