妊娠・出産・育児の情報サイト


標準より小さめと言われ続けたお腹の赤ちゃん。生まれてびっくり、その誤差なんと700g以上!

f:id:akasuguope01:20161129154121j:plain

なんとなく微熱が続いて、体が火照っていて気だるい・・・。気づいたら生理予定日も過ぎていたので、妊娠検査薬を使用すると妊娠発覚。
翌日病院に行き受診。妊娠8週でした。体の異変に早めに気づいたので、早めの妊娠がわかりました。
当時事務員として働いており、体力仕事ではなかったので、無理せず働きながらという感じで過ごしていました。
そして、妊娠して14週目、母子手帳をもらいに市役所へ行きました。元気に育っていく我が子はとても愛おしかったです。
心拍を確認できて徐々に手足が形成されていく・・・気づいたら足の形をエコーで確認することができるくらいになってました。
まだ妊娠初期なので、お腹に胎児がいる感じもないのに、エコーで見ると元気いっぱいに動いているのでほんと不思議でした。


そう思いながら妊娠23週目、妊娠中期に入ってやっと落ち着いてきました。お腹も少しずつですがふくらんできて妊婦っぽく丸みを帯びてきました。
そして、この頃までは胎児は元気でごくごく普通に育っていたのですが、妊娠24週頃から胎児に異変が出始めました。
「標準より小さめです。なるべく安静に過ごしてください」
初めての妊娠だったので、その言葉が何を意味しているか分からず、とても不安でした。とにかく安静にして赤ちゃんが少しでも大きくなるようにと、できるだけ食事もするように心がけました。
でも、同じくらいの週数の妊婦さんと比べてお腹が全然出てこないことに気がつき始めてました。最初の頃は特に気にならなかったのに、安定期に入ってどんどん大きくなっていくほかの妊婦さんのお腹。なんで私のお腹は大きくならないんだろうと毎日考え込むようになりました。

そんな中妊娠26週の検診、「胎児の大きさが予定より2週間ほど遅れています。排便、お風呂、食事以外は安静にしてください」と言われ、産休を取ることにしました。
いっぱいご飯も食べて安静にしていたつもりなのに、中々思うように大きくなってくれない我が子。毎日心配で仕方がありませんでした。
それからというもの、2週間に1回ペースで病院に通い続けました。妊娠32週に入りましたが、胎児の大きさは約1100g。医師には「入院の可能性も十分あるので、とにかく安静にしてください」と言われました。
この頃胎児は約1100gほどなのに、私の体重はなぜか妊娠前より既に10kgも増えていました。
「なんで私の体重は増えるのにお腹の子は大きくならないのだろう?」

不思議でなりませんでした。タバコもお酒もなにもしていないのに、赤ちゃんが大きくならないのは私のせいなのだろうか?と自分を責める日もありました。
妊娠33週からは1週間1回ペースで受診、毎週病院に通うも思うように大きくならず、妊娠38週の検診時で1800gほどでした。無事に産まれるのかほんとに不安で仕方がありませんでした。


妊娠39週、夜中主人と気分転換にとDVDを借りに行き映画鑑賞をしている最中、陣痛がきて病院へ行きましたが、陣痛が遠ざかっていき一時帰宅になるかと思いきや破水
2日間の陣痛に耐え出産しました。


1800gほどしかないと言われていた胎児は、なんと2580gで産まれて来てくれました。700gほども誤差があったのでびっくりしましたが、元気に産まれて来てくれただけで良かったです。


健診で小さめだと言われても、必ずしも正確ではないのだと実感しました。初めての妊娠、出産だったので不安しかなくて毎日気が気じゃありませんでしたが、小さくてもちゃんと大きく育ってくれています。
あんなに妊娠中私を心配させた小さな赤ちゃんは、現在1歳になりよく食べよく動き回るやんちゃ坊主に成長しました。

f:id:akasuguope01:20161128141152j:plain

著者:えまりん
年齢:20歳
子どもの年齢:1歳6か月

19歳で出産して現在1歳6ヶ月の息子のままをやっております。若いながらにも精一杯育児、仕事を頑張っている毎日です。ただいま臨月の妊婦でもあり、男の子の年子ということで産まれてから毎日が戦争になりそうですでに怖気づいています・・・。ですが、可愛い息子たちのために毎日頑張っています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。