妊娠・出産・育児の情報サイト


産後2ヶ月で生理が再開。周期が定まらず、お腹や腰にうずくまるほどの激痛が…

f:id:akasuguope01:20161129145836j:plain

出産当時、私は母乳育児をしていたにも関わらず、産後2ヶ月で生理が再開しました。
まだ母乳を出しているのに?とびっくりしました。
ですが、排卵の周期がなかなか定まらず、ひと月に2回生理がくることありました。
さらに、生理のたびにお腹や腰に激痛が走り、うずくまるほど・・・。以前の生理ではこんなことはありませんでした。
あまりの痛みに立っていることもできず、一番重くなる生理の2日目は床を這って家事をしなければならないほどだったので、とうとう病院を受診することにしたのです。

病院へ行く前にネットで調べてみると「子宮内膜症」や「胎盤の残留」が近い症状でしたが、実際の検査ではそのような症状は一切見られず、育児疲れと判断されました。
また、「産後は半年ほどかけて子宮が回復に向かうので、再開後すぐは生理不順になりやすい傾向がある」と説明され、痛み止めの処方のみで帰宅しました。

しかし、出産から半年を過ぎた頃、今度は生理が止まってしまったのです。
その少し前に母乳が出なくなったこともあったので、もう一度病院へ行ったのですが、今度は「排卵が止まっている」と告げられて頭が真っ白に・・・。
真っ先に頭に浮かんだのは「もう妊娠することが出来ないかも」という思いでした。

私の思い通り、「このまま生理がこないこともあるでしょう」というお話も聞きましたが、排卵が止まる大半の理由は精神的なものだそうで、ホルモンのバランスが崩れているとのことでした。
産後育児疲れによってホルモンのバランスが崩れる方が多く、生理不順を引き起こす人が多いそうです。
私の場合は、育児疲れではなく夫からの言葉の暴力がストレスの原因となっていましたが、離婚して少し経った頃には生理が再開し、生理不順や重度の生理痛を引き起こすこともなくなりました。

出産をした母親の身体って自分で思っている以上に本当に疲れています。
睡眠不足の中、育児や仕事に家事をしていることに慣れたからといって、それを当たり前だと思わない方がいいと思いました。
旦那さんやご家族の方に協力をしてもらいながら休息をし、ストレスを溜めないよう工夫して過ごすことが、母親としての務めの一つなのだなと思いました。

f:id:akasuguope01:20161128195958j:plain

著者:あき
年齢:26歳
子どもの年齢:1歳

1歳の息子がいるシングルマザーです。
元夫によるモラハラ被害に一度はうつ病を経験したこともありましたが、毎日たくさんの成長を見せてくれる息子に刺激を受けて自身も新しいことに日々挑戦中!
休日は息子と少し遠いところへ出かけたり、趣味のDIYや裁縫、資格の勉強等もして充実した生活を送っています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。