妊娠・出産・育児の情報サイト


立ち会い否定派だったはずの旦那が駆けつけてくれた! 予想外の大号泣もいい思い出に

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は妊娠前する前から旦那に「出産する時は立ち会ってほしい」とお願いしてましたが、「女として見られなくなるから嫌だ」と断れ続けてました。

そして、約2年不妊治療を経ての念願の妊娠!!

妊娠してからはまた断られるのが怖くて、私からは立ち会い出産の話はしないようにしてました。

 

そして妊娠6ヶ月の時。

友達が何気なく旦那に立ち会い出産するのか聞いたところ、「もちろん立ち会い出産するよ!」とのこと。

びっくりして本人にもう一度確認したら、あれだけ嫌がってたのに、周りの皆が立ち会い出産してるから自分もする!とのこと。

まぁ~してくれるならいっか!と喜びました。

 

そしていざ出産の時。

お腹は全く痛くなく腰痛のみの陣痛だったのと、痛みに強い私は陣痛が始まったことに全く気付かず、朝9時に一応病院に確認の電話をしたら「それは陣痛だし感覚が5分きってるからすぐ来て」とのこと。

陣痛とわかってからは急に痛く感じて来て、病院に向かう車中も出勤ラッシュと重なり最悪の状態でした。

 

病院に着いた時には子宮口7㎝。そのまますぐLDRに入り、職場からすっ飛んで来た旦那と無事合流。

あれだけ嫌がってた立ち会い出産だったのに、腰をさすってくれたり必死に陣痛の波に付き合ってくれました。

そして2時間弱で無事出産。

産まれた瞬間に旦那は「立ち会い出産させてくれてありがとう。めっちゃ感動した!」と大号泣してました。

初めて大号泣してる姿を見て旦那がすごく可愛く思えました。

 

そして外で待っててくれた義母と父に報告した時にも大号泣。

遅れて到着した母に報告した時にも大号泣。

めったに泣かない旦那のそんな姿を見て、皆微笑ましく思ったそうです。

おかげで初めての出産が素敵な思い出になりました。

次の出産ももちろん立ち会い出産してくれるそうで楽しみです。

著者:a

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。