妊娠・出産・育児の情報サイト


自分の意思を持つこと

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私の初めての妊娠は不正出血からでした。

びっくりして病院に行くと、妊娠と、子宮頚がん検査に引っかかったという報告。

嬉しさと怖さの両方が一度にきました。

どうしたら良いのか、無事に埋めるのか、病気なのか…そんなことを考えていました。

 

すると少し経って化学流産。ものすごく落ち込みました。

病気かもしれないという現実だけが残り、悲しくて仕方ありませんでした。

 

その後は夫の励ましもあり、しっかり病気と向き合っていこうと思いました。

赤ちゃんが病気を教えにきてくれたんだと前向きに考えました。

 

結局、子宮頚がんの検査はがんというわけではないが健康というわけでもない数値が続き、がんではないので治療方法もなく、ただ検査を繰り返すだけになりました。

その繰り返しが続いた2年後、検査結果で問題なしだからもう病院に来なくて良いと言われました。今後は通常の市の健診を受けてくださいと。

なにもしてないのに治るの?とも思いましたが、治ったなら良いや!と思い、半年後に市の子宮頚がん健診へ。

検査結果は子宮上皮内がんでした。全然治ってなんかなかったのです。今すぐにでも手術をしてくださいと言われる数値でした。

 

幸い子宮頚がんではなかったので妊娠の可能性は残りましたが、結果いろんな病院で振り回されて疲れていました。

手術をしてくれた先生に子供が欲しいので不妊治療がしたいと伝えましたが、手術後1年間は子供まで考えなくて良いと言われてしまいました。

 

それでも諦めきれずにいたら手術から4ヶ月後に妊娠!特に問題なく現在5ヶ月の安定期を迎えました。

なんだか病院に振り回されてしまい数年無駄にしてしまったな、と思います。

ただ先生に言われることだけでなく、自分からもっと意見を伝えるべきでした。

 

現在赤ちゃんの為に知りたい事や改善策などを先生や助産師さんに聞きまくってます。

自分の意思で動くことの大切さを改めて考えました。

今後も赤ちゃんの為にしっかり頑張ります。

著者:うーたん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。