妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目という心の余裕

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚したらすぐに子供が出来ると思ってたのに、実際に初めて妊娠したのは結婚3年目、しかし流産、ようやく我が子を抱くことが出来たのは結婚4年目、37歳の時でした。

子供は好きなのに毎日泣く、寝ないで余裕もなくイライラしてしまってました。

ちょっとしたことにも敏感に反応してたと思います。

 

そして38歳で死産を経験し、39歳で2人目の子を出産しました。

お産自体は2人目の方がきつかったけれど産後の世話は泣いても寝なくてもなんか余裕があり助産師さんにも落ち着いてると言われました。

 

上の子が大変だったのが良かったのかもしれません。

男の子で赤ちゃん返りとイヤイヤ期と重なり大変でしたが、2人目の娘はお兄ちゃんに鍛えられ、ちょっとやそっとのことでは最近では泣きません。

そして何より全ての成長、発達具合が1人目より早いです。

仕事復帰が頭にあったのもあるし、1人目の経験もあって私自身も早くから気がけたり、お兄ちゃんがちょっかい出したりで出来るようになったりで周りの影響って大きいんだなぁと実感する毎日です。

 

そして何より母である私自身が1人目の時とは違ってこのくらいなら大丈夫という心の余裕があって2人の成長に目を向けることが出来るのが毎日の育児はもちろん大変ではあるけれど大きな変化だなと思います。

子供も成長、そして母も子供に成長させてもらっています。

大変だった時期もいずれ落ち着くし、いろんな人に言われたのは自分だけじゃなくてみんな同じように通る道だから心配しなくても大丈夫だということ。

今となっては夜泣きがひどかったのが懐かしいくらいです。

 

高齢出産育児ですが何とかなってます。

年齢関係なく愛情があれば大丈夫。

子供にはいくら怒ってもそれでもママが1番好きって言ってくれるとかわいくて仕方ありません。

皆さんお互い頑張りましょうね。

著者:yusaaママ

ギリギリ30代で出産した2児のママです

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。