妊娠・出産・育児の情報サイト


旦那が私の中でヒーローに

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

一年間は育児休暇をとり、息子とべったり生活していました。旦那も仕事が早く終わったり、休みの日にはおむつ交換やお風呂に入れたりしてくれましたが、私の仕事が始まってからは大丈夫かなぁ…と不安になることもありました。

せかされると嫌な顔をする旦那を知ってるので、なるべく急かさずいつか育児に目覚めてくれるだろうと気長に待つつもりでいました。

もちろん手伝ってくれた時には、ありがとうを忘れず。お風呂に入れてくれたら「やっぱりお父さんと入るお風呂のほうが、泣かないわーさすがだな」と褒めたりして自分が言われたい言葉を旦那にも伝えるように努めていました。

今私は妊娠5カ月での仕事復帰となりました。

眠いし身体もだるい…あー不安だ…と

日にちが近づくたびに表情も暗く。

仕事復帰前日になり、翌日は旦那が休みを取ってくれることになっていたため、息子の送り迎えを頼んでもいいか聞いたところ「もちろん。行くよ」と。

わからないことが多いと思い、息子のタイムテーブルと服装などを書いたポスターを作製して見えるところへ。そして、ゲームが好きな旦那の興味を少しでもひこうとテーマも決めて。「(息子の名前)攻略への近道」としました。

すると、仕事復帰当日には目覚まし時計を6:00にセットし、起床後はポスターを見ながら一生懸命準備をしだす旦那。もう泣きそうでした。

息子も少し不思議な表情をしつつ、旦那の優しい声かけに応えるように準備は順調に進みました。

朝食作り・食事介助・服の着替え・身なりを整えるを完璧にこなし。ちゃんとポスターを確認しながらなのも、嬉しくて。自転車にて保育園まで送ってくれました。「しんどくなかった?」と聞いても「全然」と言ってくれたのも、嬉しくて。

そして、帰ってきたら洗濯・洗い物・晩御飯も作ってくれていて旦那を抱きしめました。

本当にありがたくて。今まで手伝いたかったんだろうけど、育児休暇をとってる私の方が息子といる時間も長く出番がないと思っていたのでしようね。

「俺の出番がやってきた」と今はいってくれています。「仕事の日でも送るのはできるのはできるよ」とまで言ってくれる旦那になってくれています。

「関われば関わるほど愛おしい」と言ってくれてて、その言葉にも嬉しくて泣きそうになりました。

息子の愛おしい瞬間を一緒に共有できて、私のフォローもしてくれて疲れていても笑わしてくれる旦那。私の中での頼れるヒーローになりました。育児休暇中、こんなにもしてくれると思ってなかったのもあり驚いています。でも、嬉しくて嬉しくて自然と旦那に優しくできます。

息子のことも可愛がりながら、旦那の少しの変化にも気づいてあげられるように旦那のこともしっかりみつつ、一緒に親として成長していける楽しみが今はあります。これからもたくさんの感謝の言葉とたくさんの愛情表現を取り入れながら、旦那のことも息子のことも大切にしていきたいと思います。

とりあえずは自分が言われたら嫌な言葉を言わないことが、仕事でも育児でも何にしても大切なのだと私は思います。

 

著者:セイコ

息子も旦那も可愛くて仕方がないです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。