妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目妊娠~出産・大きめ赤ちゃん

2009年に第一子を出産、2014年頃、そろそろ2人目を…と考え出しました。

2015年、妊娠するも流産してしまい、それが2回続きました。2回目は胞状奇胎の疑いもあり、半年間血液検査に通うほどでした。

妊娠はするものの定着しないのは体質の変化かとも考え、不育症検査を受けたり、葉酸サプリメントなどを積極的に摂るようにしました。

そしてようやく妊娠、心音が確認できるまで不安でした。

一人目とは違い、吐きづわりがひどかったのですが、赤ちゃんがいる証拠なので乗り越えられました。

その後は順調に経過し、29週あたりから胎児が大きめと言われだし、前駆陣痛も感じるようになりました。

37週陣痛と間違えるくらいの痛み!子宮口も2センチ開いているとのことで入院、モニターにもよく張りが現れ、次の日の朝にも生まれると言われました。

が、入院して3時間くらい経つと全く痛みがなくなり、階段を上り下りしても反応なく、翌朝には退院しました。

そこから2週間、今か今かと待ちわびて、出産予定日の3日前にようやく出産しました。

なんと、3948グラムの男児!

産後、出血多量で点滴をしたり、息子は鬱血で苦しい思いをしたようです。生まれたときは酸欠で真っ青でした。後陣痛も強く、産後2週間ほど痛み止めがかかせず、効き目が薄くなると立って歩けないほどでした。

一回目の入院の37週で生まれていればもう少し小さく、母子ともに楽だったかなぁ…と思いますが、なかなかそうもうまくいかないものでした。

小さいのも心配ですが、大きいと大きいなりの大変さがあるものだと感じました。

著者:カフェ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。