妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠発覚の喜びも束の間、一気に寝たきり生活に

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊活に向けてブライダルチェックを受けて、基礎体温も二層に分かれてない、他にも色々と問題点が見つかり…とにかくまずは薬を飲む事になりましが…

もともと胃が弱く薬が苦手な体質で昔から通っている内科では、小児科の薬を処方される事もあるくらいだったので、とにかく薬が合わず、

電車で気持ち悪くて、脂汗をかくようになったり…薬を何度も変えて、やっと少し弱めの飲める薬が見つかりました。それ以外にも飲まなくてはいけない薬もありましたが、吐き気が酷く飲めずに、代わりの薬も見つかりませんでした。

薬も飲めないし、治療出来ないなら、きっと時間かかるだろうな…と思っていました。とりあえず飲める薬を飲みだして2か月が経った頃に生理が来たのですが、その生理が少量でピタっと止まり、また少しして出血があり…

 

ダラダラと出血が続き、高温期を保てなかった基礎体温が一気に高温期を保つようになり、もしかして?と病院に行くと、妊娠していますよ!と!!

奇跡の妊娠で、嬉しいのも束の間、今度は、その出血で、切迫流産であると知り安静を余儀なくされました。この命を守らなくちゃ!と強いプレシャーを感じました。安静にしていると、つわりも酷くなってきて、一気に辛い毎日になりました。

薬が苦手なのに流産止めの薬も飲まなくてはいけなし、葉酸のサプリメントを飲んだりと、胃が弱いので、つわりと一緒に胃炎も起こしどんどん酷くなり、一日に2回吐いてしまう事もあり、ついには血が混じってしまっているときもありました…。それでもいつか終わる日々と信じ乗り切りました!!赤ちゃんはかなり順調に大きくなり、出産予定も早まりそうなくらいです。バタバタ手を動かす姿を見て、頑張った甲斐があったと思います。

 

著者:みりん

35歳で初めての妊娠  とにかく情報取集が趣味

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。