妊娠・出産・育児の情報サイト


結婚式1カ月前の妊娠と悪阻

結婚式を1カ月後に控えていた頃、元々生理不順体質だった私は生理予定日が一週間ほど過ぎていました。

 

最近はきちんときていたのですがまだ一週間だったのでそこまで気にしていませんでした。

 

初めは、ん?なんだか気分悪いな~とよく腸炎になりやすい私は吐き気まではいかないムカムカがありました。

 

後々、検診で分かったのがその時点で妊娠5週目を迎えていました。気分のムカムカはあったものの友だちと会う約束していたので合流したあとは不思議とムカムカしたものは消え、気にならなくなりました。

 

が、しかし、次の日起きたと同時にまた同じ気分悪いな~というムカムカ。主人にもしかしたら、、ってあるから検査してみなよと促され翌日検査薬をすると妊娠していました。

 

元々、主人が無痛の整体師で主人の職場では不妊整体もしています。不妊治療をしていたのに妊娠出来ない方も、整体で治療をすることで妊娠した実績が沢山あるので私も生理不順を治す為に結婚前から通っていました。周期が整い、身体の不調もなくなってきていた時でした。

 

妊娠検査薬をしてみると、あっさり陽性!

そして病院に行くと5週目後半。既に悪阻が始まっていました。そして、心拍も確認でき、妊娠となりました。

 

吐き気、空えずき、食欲不振、寝込む程の全身倦怠感がありました。

 

妊娠が分かるひと月前に、原因不明の

蕁麻疹も出ました。後々色々調べるとそれも妊娠の前兆だったということ。

 

お腹の中の赤ちゃんが自分の身体には今まで居なかった異物として身体がアレルギー反応を起こしているという情報も目にしました。

血液検査をしても食物アレルギーなどはありませんでした。

 

やっと周期が整い始めていた頃だったのもありますが、まさか!と思っていた最中でした。悪阻中の食事というと、、、

 

★マックのポテト

★どん兵衛

★カップラーメン

 

ジャンキーな物しか食べられず

週数が増えると、苺が猛烈に食べたくなり

苺シーズン中は15パック以上はトータル買ったと思います。

食べられられる物もコロコロ代わり今は30wですが焼き魚がダメになりました。

 

新婚旅行を控えていた私は、先生から初期の頃の禁止事項があり、プールや海は膝下までにしなさいとのこと。

細菌感染や冷えは禁物です。

あとは、妊娠初期は出血がよく起こります。私もそうでした。そのような場合、ハワイに行く予定でしたがもしも現地で出血なとがあった場合、現地の医師に全て英語で症状を伝えなければならないよと言われました。外国は保険はありません。

多額のお金もいってくるので初期の新婚の方は控えた方がいいと思います。

 

後は、旦那さんの支えが必須です!!

主人は仕事の休憩中に帰ってきて、洗い物や洗濯物を取り込んだり、傍に寄り添ってくれました。それだけでも気分は全く変わります!夕飯も作るのが精一杯で、真冬なのに素麺の日もありました。

作れない日は家族が主人の夕飯を作ってくれたり、義実家の家族、お母さん、お父さんなど家族のバックアップのおかげでやっと食事が出来ていたくらいです。

 

妊娠初期は起き上がるのも辛く、一日中ベッドにいました。

お手洗いをするのも空えずきしながらでした。まだ私は吐くことはなかったのでそれだけは救われました。

 

気分悪いなと思ったら柑橘系の皮を鼻にもっていき香りを嗅いで気分を落ち着かせたり自分なりに吐かないように工夫しました。吐くと癖になるから自分で工夫しなさいと母にも言われていました!

 

みかんや八朔、レモンなどはすーっと気分が良くなりましたよ!

 

初期は食べられる物を食べられるだけでいいからと先生にも言われていたのでジャンキーでも今も元気に育っています!

体重管理も今で+7キロです。

最初の検診で7-12キロまでは太っていいと言われました!それも妊娠初期に色々指導してくれます。

 

妊娠初期は無理は絶対せず、悪阻もいつか終わるので自分なりにどうしたら気分がマシになるのか工夫していくのがミソになります!誰もが乗り越えられるので最初は辛いですが、周りに沢山甘えてしっかり寝てくださいね!!

著者:M._.M

現在妊娠30週妊婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。