妊娠・出産・育児の情報サイト


予定日が過ぎたための計画分娩

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠中ずっと、自分はおしるしからくるタイプなのか陣痛からくるタイプなのかドキドキしていましたが、予定日になっても兆候はありませんでした。

私が低身長であることや子供が十分そだっていることから予定日から3日目に点滴にて促進剤の投与をはじめることになりました。

投与1日目はまったく産まれる気配はなく、夕方には点滴をはずしました。促進剤を投与すればすぐ産まれると思っていたので、想像と違うなーといったかんじでした。

投与2日目はお医者様にバルーンをいれましょうといわれたのですが、まだ子宮口がぜんぜんあいていなかったのでバルーンがはいらず、1日目同様点滴にて促進剤を投与しました。お腹は定期的にはるのですが、やはりまだまだ産まれる感じはなく、2日目も産まれず終わりました。

投与3日目。早く産まれてほしいという気持ちでどんどん焦ってきます。看護師の方に焦らずゆっくりいきましょうとお声がけいただきましたが、今日も生まれなかったらどうしようと思いました。3日目は昨日入らなかったバルーンをいれることができ、バルーンと促進剤を朝からスタートしました。お昼までは前日同様、すこしお腹が張る程度で痛みはなかったのですが、昼過ぎから陣痛が痛くなってきて夕方に破水し、夜10時まえに無事出産することができました。産んだ瞬間は感動よりもびっくりした気持ちが大きかったです。入院してから長かったですが、無事産まれてほっとしました。

あとから聞いた話ですが、あと2、3日たっていたら帝王切開だったようです。想像とは全く違う出産となりましたが、子供が産まれて幸せな気持ちでいっぱいです!

著者:ゆき

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。