妊娠・出産・育児の情報サイト


つわりをなめていた

私のつわりが始まったのは大体7週目頃からでした。

常にあるムカムカとの戦いの始まりでした。

体もだるく、眠気もあり、更につわり

何もする気も起きずにただただら寝てました。

でも幸いな事に寒い時期で外の空気を吸ったり、ヒヤッとした風に当たることでつわりに耐えることもできました。

夏だったら逃げ場がない・・・と思いました(笑)

 

食べ物はよく聞くジャンクフードとフルーツ、特にみかんを食べてました。包丁使わず皮が剥けて、一つが丁度いいサイズで、酸味もあり食べやすかったです。

ジャンクフードは主にポテトでした。

妊婦あるあるのフライドポテト。

不思議とつわりの時でもポテトは食べれる。

私は更にシェイクとかアイスも一緒に食べたりしてました。

あまり体に良いものではないものばかりでしたが、食べれるものを食べれるときに食べれるだけ食べてました。

嘔吐することがなく、ずーっと終わらないムカムカと戦い、仕事から帰宅した旦那に泣きながら辛い~と愚痴ったりしてました(笑)

少し恥ずかしい話ではあるかもしれないけど、自分にしかわからないつわりと1人で戦い続けるのは辛いので誰でもいいから、この辛さを伝えるとゆうのも自分にとって必要なことだったなと今は思います。

 

妊活中、妊娠するとゆうことにだけ集中しすぎて、つわりの辛さを考えてなくて、大丈夫だろうと軽視したまま迎えたつわり・・・なめてました(笑)

つわりは終わらない二日酔いとも言われてますが、二日酔いは自業自得、つわりはお腹の子が育つため、自分が母になるためのステップアップ。

今はもうつわりから解放されて楽に過ごせてるけど、改めてつわりの辛さを味わってて良かったなと思います。耐え抜いたことにより、自分が強くなれたと思います。

 

著者:マユ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。