妊娠・出産・育児の情報サイト


幸せに見えるまん丸お腹ですが…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠後期に入った頃から、嘔吐を伴う後期悪阻と大きくなるお腹に胃が圧迫され、胃酸の逆流が始まりました。夜になると襲って来るマイナートラブルに最初は戸惑い、また悪阻のような日々が始まるのか…と落ち込む日々。

ですが、徐々に自分の満腹がどのくらいの量なのか・どんな食べ物だと消化が早いかなどが分かるようになり少しずつ体の変化を受け入れられるようになりました。

 

私が見つけた後期悪阻とのうまい付き合い方は3つあります!

1つ目は、食事の量を把握すること

2つ目は、食べられる時間帯を見つけ、その時に栄養を考えたメニューを摂ること

3つ目は、いつか体の変化を受け入れられるようになるとむやみに落ち込まなくても大丈夫

ということでした。

妊娠中はとにかく落ち込むこともありますが、体の変化はそのうち受け入れられるようになるので、これから妊娠後期に差し掛かるみなさんが前向きにマタニティライフを過ごせる参考になればと思います。

著者:たかゆう

初めての妊娠は、悪阻での入院から始まり、10ヶ月ほぼ吐き気と戦ってきました!

栄養を考えた食事がなかなか出来ず、不安になることもありましたが、とにかく食べられるものを食べられる量摂ることを意識して過ごしました。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。