ゼクシィBaby みんなの体験記


最後の最後で壮絶な出産!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

悪阻のピークは6週目くらい。食べ物があまり食べれなかったりしましたが比較的かるく、順調に臨月までいきました。

体重増加は範囲内の10キロくらいでしたが初期から常に赤ちゃんは大きめと言われてました。

出産予定日の2週間後には旦那の海外転勤が決まっており、少しでも早く産まれてくれたら旦那と1日でも一緒に過ごせる期間が長くなるので、どうか早く産まれるようにと祈ってました。

ただ正産期に入ってからも子宮口は全然開かず、病院から

「初産は予定日越えるからね~まだまだ産まれないよ」といわれ、焦りました。

39週に入っても子宮口は1.2センチとかわらずお腹も全く張らない、下がらない、前駆陣痛すら感じないという毎日。

 

気持ちだけが焦っていましたが、予定日3日前の夜中に突然のおしるし

そこから痛みがきてまさかの本陣痛

朝に病院へいきそのまま入院!

旦那も駆けつけてくれましたが、陣痛に苦しみすごく大変でした。

 

でも、今まで兆候がなかったわりに順調にすすみ、14時半にいざ分娩室へ!

 

スーパー安産を願い、いきみまくり

頑張ったものの赤ちゃんは全然出てこなくて、でも定期的にくる波にいきんで、の繰り返し。

 

助産師からの「もうすこしだよー!」も全然なく、なにもすすんでないんだな、と思い時間も16時過ぎ。

 

変わらぬ状況と微弱陣痛で急遽、陣痛促進剤へ。

点滴され強くなる波にいきみまくりましたが、それでもなかなか出てこない、、

 

自分の体力も、限界に来ていたし、緊急帝王切開会陰切開を自ら頼もうと思いましたが、そのとき助産師さんたちがバタバタし始め、男の先生も出て来て

赤ちゃんも大きいし、赤ちゃんの酸素も薄くなってるので母子のリスクを考え、

鉗子分娩ですすめようとおもいますが大丈夫ですか?」

といわれました。

 

もう私の意識も朦朧としていてどうにでもしてくれ状態。

 

同意書にサインし最後のいきみで取り出された我が子。

 

やっと終わった~という達成感もありましたが疲労感がすごかったです。

 でも、頑張って出て来てくれた赤ちゃんと対面したときは本当に本当に幸せでした。

 

私はおまたをかなり大きくきり、最後の最後で壮絶な出産となりました。

 

その後2時間くらいかけて体の様子を見つつ縫いました。

でも、赤ちゃんの姿が隣に見えて縫ってる痛みはそこまで感じず。

 

でも、赤ちゃんには大きなストレスを与えてしまい数日保育器へ。

自分のせいで鉗子分娩となり、赤ちゃんが保育器になり抱っこや授乳ができなくて辛かったですが、無事に退院できました!

 

3606g元気な男の子です!

 

出産はすごいものだと思ってはいましたが、私もいきなりの本陣痛で最後の最後で

鉗子分娩となるなんて思っていなかったし、最後までどうなるかわからないなと感じました。

 

そして280日お腹にいた赤ちゃんと会えることがこんな待ち遠しく幸せに感じるとは、、!!

 

産まれて来てくれてありがとう、

私のお腹は来てくれてありがとう、

ただそれだけを感じます。

 

先生たちに「ママがいいもの食べすぎて栄養いきすぎたのかな♪」と

いわれちゃいました。笑

 

今は毎日元気で寝不足ですが生後7日の赤ちゃんに癒されてます!

本当に大変でしたが新米ママとして我が子を大切に育てていきます。

 

著者:あこ

30歳。

海外転勤が決定してます。

1人目の出産

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。