妊娠・出産・育児の情報サイト


産後のなんとも言えないアンバランスな心『マタニティーブルー』

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

女性ホルモンは出産までは妊娠を継続させるために多くなりますが、産後には急激に低下するのでどうしても精神的に不安定になります。

睡眠や食事の基本的な欲求を満たされないことも大きく関わっているとは思いますが、、、

悲しくもないのに話しているだけで泣けてきたり、家族や友人の言葉にも敏感になって怒ったり、上の子に当たってしまったり、本当に自分でも嫌になるくらいでした。

無事に出産できて、赤ちゃんを迎えられて嬉しい、ハッピーなはずなのになんでこんなに苦しいのだろうと理想と現実の差に苦しみました。

今思えば、上の子の世話も赤ちゃんの世話もいろいろ自分で抱え込んでしまい、自分で自分を追い込んでいたかもしれません。

それでうつっぽくなっていたのかも。

泣きたいときには泣いて、余裕がなければ少し手を抜いて、旦那や両親に助けを求めれば良かったと今では思えます。

私は、普段からなかなか人に頼むのは下手な方なので、いざと言うときのために少しずつ頼る練習をしています。

これから妊娠出産される方、周りの人たちに頼る練習をしてください!

自分一人で抱え込まないでください。

近くにご家族がいないときはファミリーサポートなどの社会資源もあります。

一人でいると、辛いのは自分だけ、と閉鎖的な思考になってしまうのでできるだけ誰かと話をして発散してくださいね。

 

著者:べこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。