妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛5ヶ月

第二子の時の話です。

15週からお腹の張りが強く、子宮口が1cm開いたので、子宮口を縛るシロッカーという手術をする事になりました。その後もお腹の張りは強く張り止めの薬を4時間置きに6回飲みながら自宅療養しました。36週には子宮口を縛る紐を除去して、張り止めの内服も止め、いつ陣痛が来てもいいようにしていましたが、今度は子宮口が硬く妊娠の兆しが全く来ませんでした。

予定日2日前に陣痛促進剤の点滴で誘発をかけて、限界量まで使用しても全くダメで、羊膜をハサミで破って人工的に破水させ30分で出産になりました。

 

誘発をかける前に周囲から「陣痛促進剤はかなり痛いよ。急に陣痛がくるから」と言われて不安でした。でも、実際、陣痛促進剤の点滴が始まっても大丈夫でした。なぜなら私は15週からお腹の張りが強くてずっとその痛みだったからです。「いつもの痛みだな」と思いながら、昼食を全量摂取し、のんびり過ごしました。だって、ベッドに横になってるだけで、家事も育児もしなくていいんですから。

破水してすぐ生まれた時は思わず「え、もう生まれたんですか」と言ってしまいました。すごく痛かったのは30分。

母子手帳に分娩にかかった時間は「点滴開始して収縮が始まってからの時間を記入するので、7時間になります」と言われましたが、それなら15週から陣痛があったみたいなものだから、「5ヶ月にならないのかな」と思いました。

 

安産なのか難産なのか分からない出産でした。でも、元気だからいいんですけどね。

著者:マッキー

バツイチで、シングルマザーとして6年過ごす。

現在は2度目の結婚でステップファミリー

小6の長男は自閉症、知的障害あり。かなり個性的。

小4の長女はしっかり者。元夫にそっくりの顔に時々胸がズキッ

現在の夫との間に授かった1歳の次男。妊娠した時は周囲に猛反対され、夫も逃げ腰だったので、1人で産むつもりが結局妊娠38週の時に周囲が折れて入籍。

半年前に流産

現在妊娠4ヶ月。看護師です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。