妊娠・出産・育児の情報サイト


10代での妊娠→結婚→出産→離婚→育児

こんにちは。

私は18歳で妊娠、結婚、出産しました。

そして19歳で離婚、それから1人での育児です。

1人での子育てや、悩みなどを書きたいと思います。

 

まず、1人での子育てのことです。

 

わたしは18歳で子供を出産しました、その時からお相手の方とは別居していました。

子供が産まれた時は心の底から喜んでくれていましたが、毎日1人で育児をしていました。

出産は思ってたより、スムーズにいき、あまり不安もなかったです。

産まれて直後の育児も手つきが良かったのか、助産師さんに、何人目?と聞かれたほどです(笑)

元々なにをしても器用なタイプだったので、産まれて数ヶ月は楽々育児をこなしました。

子供が4ヶ月くらいのときに、離婚を決めました。

離婚を決めた理由はいろいろありますが、第1に子供のためを考えました。

父親は必要ですが、決していい父親ではありませんでした、父親がいなくても精一杯愛情を注いで、死ぬ気で子育てしこれから私1人で守る決意はすぐにできて、一方的に別れてもらいました。

養育費は一切受け取らず、会うことも一切ないです。

元夫との時間をつくるならば、子供と笑っていたいし、子供のことを考えたいと思ったからです。

 

強がっている部分もありましたが、子供の成長を1番近くでみれる私はほんとうに幸せだと思いました。

 

1人での育児がどれだけ大変か、ほんとうに精神的にくる日もあり子供にあたってしまってキツく叱ってしまうこともあります。

母親も人間ですから。

でもすぐ自分を責めます、なんでもっと広い心を持たないんだろう、子供はなにも悪くないのに、最低だよね、ごめんね、と、まだ言葉も喋れない子供にちゃんと愛が伝わっているのか、こんな母親でいいのか、毎日毎日不安でした。

 

でも子供はちゃんとママの背中を見てくれています。1人だとできることも少ないかもしれないですが、その中で精一杯自分の思うように子育てしてあげればいいんだと思います。

私が心がけているのは、食事は絶対に作る一緒に食べるです。

これはまだまだおっきくなっても続けます。

1人で子育てしているとどうしても時間がなかったり、疲れたりします、疲れた時はいいんです、簡単なものでも、もちろんたまにの外食も全然OK、一緒に食べてあげることが大事だなと思います。

 

食事は人が現れる時間、例えばご飯の食べ方、お箸の持ち方、食べる物、会話、子供が産まれてからすごく気にします。

きちんとした環境で育った子、そうでない子、またはきちんと教わってない子、大人になってもわかります。

10代で結婚しましたが私が選んだお相手の方は、そういうところが全くでした、義母を見ればすぐにわかりました、可哀想に思えました。

10代の私でも、目につくところなのに。

男性でも女性でも関係なく、食生活のきっちりしてる子マナーのいい子、絶対に差が出てきます。

これからも子供と一緒に食事し、いろんなお話をし、マナーお行儀を教えていこうと思います。

 

次、金銭面のお話です。

金銭面は、とってもキツイです、子供が大きくなるにつれお金はドンドンとかかります。

消耗品、保育園、私はそれまできちんと仕事についてなかったので、まずは、すぐ子供を保育園に預けて、求職活動をすることになりました。

それまでは、お家でできるお仕事を少ししていましたが、月に2万ほどなので、ほとんど食費や消耗品に消えます。

実家の母親に少し援助してもらい、手当など、色々やりくりして、毎月カツカツでした、

仕事が決まると、少し楽になります。

 

ひとり親が一般家庭の何倍もしんどいことは、わかっていましたが、実際に1人で子育てをすると、ほんとうに毎日毎日が不安です。

でも、子供は成長していきます、時間も止まらないです、それと同時に母親も成長します、まだまだ未熟者の私ですが、一生懸命子供を守ること、それだけは一生のわたしの役目です。

色んなことがありますが、なぜか楽しい思い出が頭によぎるのは子供を愛しているから、笑った顔も泣いた顔も怒った顔も寝ている顔も全部が全部わたしだけのものなんだ独り占めって思えば気も楽になります。

 

ほんとうに無責任な人は沢山います。でもそれほど可哀想な人間はいません、私達はこれから一生、この責任を背負いますがそれ以上のものをもらい、経験となって、生きている証を残すことができます。

同じ環境の方、明日も笑顔でがんばりましよう。

ながながとすみません。

 

著者:死ぬこと以外かすり傷

19歳で1児のおかぁさんです。

まだまだ未熟者ですが、精一杯毎日がんばります、たまには手を抜きましょう~~

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。