妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩希望が...

私は昔から痛みに弱く、妊娠初期から必ず無痛分娩にしようと決めていました。なので、出産する病院を決める際も無痛分娩で有名な病院に決めました。そこの病院は、先に入院する日を決めるのではなく、検診の度に子宮口の開き具合を確認し、そろそろというところで先生が入院日を決め、自然な陣痛の流れで無痛分娩を行っていくというところでした。

臨月に入り予定日まで1週間をきったころ、まだまだ子宮口が開く様子がなく、「もう少しかかりそうだね」と言われました。しかし、「急にお産が進むこともあるので一日置きに診せに来て」とも言われました。

そして翌々日の朝、起きるとおしるしが出ていて、弱いですが陣痛も来ていました。その日は朝一番に検診の予定だったので、そのまま入院かなと思い入院の荷物を持って病院に向かいました。

ですが、子宮口の状態を診てもらったところ、「まだかかりそうだね」と言われ、その日は帰宅しました。陣痛は少しずつ強くなっていたのですが、これは本陣痛ではないのかな?と思いました。

しかしその夜、とうとう陣痛が10分間隔になり、不安になり病院に電話したところ「昼間に診てもらったならまだじゃない?まだ来なくていいよ。」と言われ、自宅待機していました。その後陣痛が5分間隔になり痛みもかなりきつくなって、我慢の限界でもう一度病院に電話しました。すると「我慢できないなら来てもいいよ。夜間なので麻酔の先生がいないから無痛分娩はできないけど、陣痛を和らげる注射なら打てるから」と言われ、すでに歩けないくらいの痛みでしたが踏ん張って病院に行きました。

そして、病院に着きすぐに注射を打ってもらい、子宮口を診てもらったところすでに7センチも開いていて、このまま産んじゃった方が良いよとなり、そのまま入院。ですが、分娩室に入ったころに先ほど打ってもらった注射が効いてきて陣痛が弱まり始めてうまくいきめず...。でもすでにお産は始まっていたので、その後は根性でふんばり、無事出産しました。

無痛分娩希望だったのに、結局できず仕舞いでした。やはり、計画通りのお産は難しいということですね。無痛分娩にすると12万円くらいかかると言われていたので、その分安く済んで良かったと思うことにしました。