妊娠・出産・育児の情報サイト


終わったと思ったつわり

7週目から急に始まったつわり。私の場合は7ヶ月に入る直前まで続きました。吐きつわりで、1日2回から4回吐いてました。水分が半日とれない日もありました。その場合はOS1という脱水症状を防ぐ水を飲みました。水とは違って吐かずに飲めました。幸い1日も水分がとれない日はなかったので病院には行きませんでした。

食べ物はおにぎり、サンドイッチ、ゼリーなど日によって食べれるものは違うものの冷たくてすっと胃に入るものを好みました。吐き気はずっとするので、食べて寝ての繰り返しです。朝から嘔吐した日は会社も休みました。環境にめぐまれていたので、吐きつわりは苦しくても無理をしない生活ができました。

つわりが楽になって2週間。やっと終わりなんだなと思って主人と外出したとたん、目眩で座り込んでしまいました。動けなくなって主人と近くのカフェに入って座って休みました。すぐに治ったので貧血かなと思って、翌日からプレーンを摂取するようになりました。

つわりが治まり、夕食作りもできるようになった5日目、また目眩に襲われました。夕食後ソファに座っていたところ、目がグルグルとまわってきて吐き気に襲われました。慌てて台所で吐きました。ソファに戻ろうとするも、目がまわって真っ直ぐ歩けず。お腹を当てたら駄目だと思い床に横になりました。目を閉じてもまわってる状態。怖くなり主人に電話すると、救急車呼ぶねと。救急車呼ぶか迷っていたところに救いの手でした。救急車の中でも嘔吐しましたが、病院で手当てしてもらい少し楽になりました。

翌日から少しづつ、吐き気もなくなり1週間後には一人で外出できるようになりました。

今思えば、胎動が強くなった日に救急車で運ばれたと思います。私の体が胎動にびっくりしたのでしょうか。追い付けなかったのかな。

あの時は救急車を躊躇泣く呼んでくれた主人に感謝してます。

妊娠中は少しでも異変を感じたら、躊躇なく救急車、病院を頼った方がいいと思います。

著者:ヨンリ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。