妊娠・出産・育児の情報サイト


マタハラに耐えた子ども

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

現在妊娠8ヶ月の初マタです。

妊娠7ヶ月の初めに仕事を辞めました。

 

 

10月に結婚して、その一カ月後にすんなり妊娠しました。

交代勤務で夜勤とかもあるし、不規則な仕事だったので、妊娠初期は大事な時期だし夜勤の回数を減らしてもらうようにと、家族に言われました。

言いにくかったけど、上司にそのことを伝えたらだいぶん揉めました。

「今までの人は妊娠しても普通に仕事していた」(だいたいの人は結婚したら仕事を辞めている感じの職場なので、私は今までの人のことを知りません)

また、「3月いっぱいで辞める人のために勤務の優遇はできない」(3月で辞めるとかまだ言ってもないのに、前例があるからか辞める前提で言われている)

流産してもそれは運命だから」とも言っていました。

「何かあったときに責任は取れないから12月いっぱいで辞めてもらっていい」とも言われました。

 

あんまり言っていたらマタハラになるとは思ったのかもしれませんが、夜勤の回数を減らしてくれることにはなりました。

しかしそれは条件付きでした。

病院に言って診断書を書いてもらってこいと言われました。

病院に言ったら、妊娠超初期なので職場にこんな診断書持って行く人おらんけどなと言っていました。

実におかしい職場でした。

 

とりあえず夜勤を減らしてもらって働くことになったのですが、私が妊娠していることで周りが気を遣ってくれるので、そういうのを見ておつぼねは気に入らないのです。

 

つわりの一種かと思うんですが、12月から2月ごろまで氷の中にいるかのような寒さが続きました。

基本的に冷暖房禁止の職場なので、着込むしかないと思ってニットやらパーカーやら着まくっていました。

それでもまだ寒かったので上にベストを羽織って仕事してました。

 

するとおつぼねが、「外でしか着れない上着を着ている人がいます。特にベストはだめです。やめてください。」と全体に言いました。

明らかに私への嫌がらせなのです。

私は寒いし、脱ぐ気はなかったのですが、周りに「やめとき」と言われて悔しいながらベストを脱ぎました。

 

妊娠初期はとても大事な時期なのに。

 

こんな職場だったため、万が一途中で体調を悪くしても言えないしほっとかれそうな雰囲気でした。

そんなことがあって、職場ではとても気が張っていたのだと思うのですが、出勤途中や仕事中は一切つわりはなく、家に帰ってから気持ち悪くなる日々が続きました。

 

ちょっと落ち着いてきた頃にまた呼ばれました。

改めて妊娠の証明書をもらってこいと言われました。

勤務を考慮してあげているのだからそれぐらいしてきてとのことなのです。

母に聞いたら、妊娠の証明書とは母子手帳だけでも通常は通じるみたいです。

それなのにわざわざ2回もお金を払って証明書をもらってこいという根性がムカつきます。

 

そんな困難を乗り越え、3月の初めに無事安定期を迎えました。

仕事は、今後のことも考えて3月いっぱいで辞めることにしました。

最初におつぼねに言われた通りになってしまって悔しい気持ちはあったけど、今後育休とかもなさそうな感じだし(規定では育休ありと書いていてももらえない職場)、体調が悪くなっても早退とかさせてもらえない職場なので。

 

辞めるときは1人1500円相当のお菓子を25人分用意して辞めました。

結婚祝いのお返しのときに、額が少ないとか返すタイミングが遅いとかぐちぐち言われたので、

退職のときはちょっと金額を張って持って行こうという話に、一緒に辞める人となったのです。

 

こんなことを経て無事に今は妊娠29週目です。

ストレスやハードスケジュールにも負けず、すくすくと育ってくれている我が子がとても愛おしいです。

出産までもう少しですが、しっかり栄養と睡眠を取って元気な赤ちゃんを産みたいなという気持ちで溢れています。

母は強しというだけでなく、子どもも強しなのです。

著者:ちー

27歳初マタ。

現在妊娠8ヶ月

妊娠7ヶ月の初めまで働いてました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。