妊娠・出産・育児の情報サイト


初産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

わたしは5月後期に女の子を出産しました。

まだ1人目です。

陣痛がきたのは出産日の前日の朝6時半から。

お腹の痛みを感じて起き、トイレへ。

その後まだ早いから寝ようと思ったら同じ痛みがまた襲いました。

でもまだ我慢が出来るほどの痛みだったので耐えられました。

実家暮らしなので親へすぐ報告。

もしかしたら陣痛かもねと言われ、もう生まれるんだという実感が全く湧きませんでした。

お産が怖かったわけではないのですが、ただ実感が湧かず。

その日はたまたま夫が夜勤明けでタイミングよく連絡が来たら報告しようと思い、待ちました。

その間もかわらず陣痛はわたしを襲いました。

9時でようやく夫から連絡が、すぐに陣痛がきたことを伝え、夫もあまり驚かず夢でも見てるのかと思ったのでしょう。

ですがバタバタ帰ってきてくれてバタバタ用意してくれて病院へ連絡し、向かいました。

内診の結果、2cm開いてました。

全開が10cmなのですぐ開くのかと思いきや夕方になってもまだ3cmしか開いておらず。

でも今日中には入院になると思いますと言われ少し焦りました。

自分の中でまだお産の準備というのが頭になくどういう状況でどういきんだらいいのかなど。

そんな事を考えながら、夜はご飯をしっかり食べて破水をする前に風呂にでもゆっくりつかってきていいですよとの看護士さんの指示。

従い、ご飯も食べて風呂にも入りました。

午後9時半頃寝ていたら陣痛の間隔が長くなりました。

これはヤバイ!と思い近くのグランドを40分夫と歩きました。

だんだん間隔が短くなり気付けば夜の11時頃に。

やはり夫は初めての子供だったので焦って心配していたのか早く入院してと言わんばかりに病院行こうと言いました。

その時が夜の12時前でした。

立って歩くと陣痛がきてその時には立ち止まって動けなくなるほどの痛みでした。

病院へ着くなりすぐ分娩室へ通されモニターつけて陣痛の間隔を看護士さんが見てくれて、言われた一言「うん、早くて朝には生まれるでしょ」…マジかよと心の中では思いました。

それから生まれたのが朝の7時半でした。分娩時間は8時間を過ぎていました。

えらい時間かかったのですが安産で元気な女の子でした。

夫の立ち会いを希望していたので頭が出てきて看護士さんに呼ばれてきた夫の顔には涙が流れていました。

その時、ああ…生まれたんだってやっと理解が出来ました。

キレイに拭かれて来た姿はもう小さくて自分がほんとに生んだのか信じられませんでした。

お産より陣痛のほうが痛いと初めて感じました。

でも女として子供が生めてほんとによかったなと思います。

著者:よしまっちゃん

元気な女の子生まれました。

これからも夫婦で楽しく明るい家庭を築いていきたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。