妊娠・出産・育児の情報サイト


他人と比べない。私は私。

妊娠初期までバリバリ仕事をしていました。

たとえ子供ができても、産休育休を取得し働き続けるだろう。その考えに何の迷いもありませんでした。

 

しかし、12週の頃切迫流産になり、しばらく休職。

その後、復帰するも思うように仕事ができず自己嫌悪に陥り、旦那の後押しで退職することになりました。

 

退職してしばらくは、赤ちゃんのことしか考えられず、仕事を辞めたことに後悔をしている余裕なんてありませんでした。

しかし、中期に入り体も赤ちゃんも安定してきたとき、体は元気なのに専業主婦で家にいる自分が恥ずかしくなりました。

もちろん、家事は完璧にこなし、ゴロゴロしていた訳ではありません。

ただ、1日中家にいて稼ぎのない自分が腹立たしくなり、一時は鬱状態になりました。

 

そんな私を旦那は全く責めず、泣きたいなら泣けばいい。仕事を辞めたこと後悔しているなら、辞めろと言った俺を責めろ。と。

こんな私を常に支え続けてくれました。

 

徐々に落ち着きを取り戻した私は、出来ることを考えました。

それが、今しかできないこと、今だからできることを、とことんやる!です。

当たり前のようですが、あの頃の私には大きな一歩だったのです。

 

私は、無料セミナーや無料のマタニティーフォト、モニター等……お金のかからない出来ることを片っ端からしました。

なぜ、お金を気にしたかというと、専業主婦であることの罪悪感は消えなかったからです。

 

セミナーに行くと情報を得ることはもちろん、プレゼントを貰えたりします。マタニティーフォトの撮影に行くと今度モデルをお願いしますと言われたり。

そんなこんなで、妊娠中期はスケジュールが埋まるぐらい行動していました。

 

出産ギリギリまでバリバリ仕事をしている人。

専業主婦で赤ちゃんとの時間をゆったりと過ごしてたっぷりの愛情を注いでいる人。

みんなそれぞれのマタニティーライフがあります。

正解も不正解もありません。

今のあなたの過ごし方が、赤ちゃんとあなたのベストな生活です。

著者:ちょこら

28歳。

初めての妊娠、初めての専業主婦。

結婚して県外から大阪に引っ越してきたため、わからないことだらけです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。