妊娠・出産・育児の情報サイト


~陣痛から出産まで~

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

先週退院してきたばかりの初産婦です。

自然分娩で母子共に元気な男の子を出産しました。

出産を終えてまだ日が経たない今だからこそ、不安を抱える妊婦さんに生きた体験談、をお伝えできたらと思います。

 

まずは当初の陣痛から。

出産前日の夜11時頃、キリキリとお腹が痛み、生理痛のような自然な陣痛から始まりました。

トイレに行ったらショーツに2~3cm程の出血もありました(おしるし)。

そのまま痛みは15~20分間隔で続き、夜中の2~3時頃は10分間隔でした。

3時以降からは10分をきる間隔で痛みが続き、激痛に変わりました。

 

この時点で病院へ連絡を入れたのですが、なんとこの日はベビーラッシュのようで部屋もベッドもない状況との事、もう少し自宅で様子をみてくださいと断られました。

痛みが限界に達したのが5時過ぎ頃、この時点で痛みの間隔は2~3分をきっていました。

病院の受け入れもようやく頂き、急いで病院へ…。

立っていられない陣痛の痛みで、移動中の車の中は痛みの波がくる度、汗だくでこらえました。辛かった…。

 

病院へ着いたのが5:45、子宮口はまだ6~7cmでした。満室でベッドがない為とりあえず分娩室前の控え室のような所に通され、病院服へ着替えるよう指示されましたが、着替えの途中で痛みに耐え切れず力んでしまったその瞬間、子宮口全開、そのまま分娩台でした。

激痛で呼吸が乱れてしまい酸素マスクまで装着することに。

お産はあっと言う間で、10分もかからなかったと思います。

もともと痛みにも強く、昔から男並みの力があったので、力む力が強かったのか体力があったのか、何回か力むとすぐに赤ちゃんの頭が出てきてくれ、そのあとはスルスルと体が抜けました。

お産の時、助産師さんから「目を開けて!前を向いて!」と言われ続け、生まれた瞬間その意味がわかりました。

私の1番の感動はこの時にありました。赤ちゃんと初めて対面する瞬間、初めて見る赤ちゃんのお顔、お腹の中にいたのはこの子だったのかと涙が溢れました。

痛みなんて吹っ飛びます。(午前6時5分出産)

 

出産を終え、私からお伝えできる事と言えば、まずは病院へ行くタイミングです。

私のようにギリギリのお産になると余計な不安を抱えるので陣痛が10分を切ったらすぐ病院へ。

そして呼吸をしっかり整える事、特にお産に入ったら大きく息を吸って吐いてを繰り返し、赤ちゃんへの負担も減らしてあげましょう。

呼吸が乱れると赤ちゃんに酸素が送られず苦しくさせてしまいます。狭い産道を通って会いにきてくれるのでお母さんも一緒に頑張りましょう。

 

最後に、産前の間にしっかり体力をつけておく事です。

出産は本当に体力勝負ですし、産んでからも縫合の痛みや腰痛に苦労します。

臨月時の運動は安産にも繋がるので、ウォーキングやスクワットなどで足腰を鍛えておく事をお勧めします。

赤ちゃんの誕生はかえがえのない思い出の瞬間です。大切な赤ちゃんを迎えられますよう応援しています。皆さん頑張って下さい。

著者:ゆうゆう

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。