妊娠・出産・育児の情報サイト


第二子出産の時の出来事

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

第一子と同じように予定日過ぎて5日目の立会い出産でした。

今回は妊娠中から貧血で引っかかり、予定日4日過ぎの23時頃に少しおしるしが出ることに気づき、病院に電話をして旦那と病院に行きました。

そこからおしるしをチェックされそのまま陣痛室へ。

 

貧血で引っかかっていたためだと思いますが、採血と点滴をすると言われ陣痛がおきている中、点滴の針がなかなかうまく入れてもらえず両腕、手の甲など7ヶ所刺されました。

痛みに耐えている間に、子宮口が1センチか2センチほどしか開いていないのと、赤ちゃんの心音が弱まっているので、もしかしたら臍の緒が絡まっているのかもしれない…と言われました。

様子を見て心音がしっかり取れないとなると帝王切開になるかもしれないので、サインをしてくださいと言われました。

点滴の失敗、採血、更に陣痛がきていたのでサインも震えながら書きました。

 

その後心音がはっきりとれるようになりとりあえず大丈夫になったのですが、そこから陣痛の間隔が短くなり、子宮口を確認してあまり変わらないようなら帝王切開しますと言われ、痛い中、分娩室へ移動。分娩台に乗りました。

子宮口を確認したところ、全開なのでこのまま分娩いけますと言われ、私は我慢出来ずいきみ始めようとしたところ、助産師さんにまだ準備が出来ていないからいきむの待ってと言われました。

たぶん頭がではじめたところを手で押さえられている中、旦那も呼ばれ、やっといきんで良いと言われ、いきんでいる間に旦那はすぐに来ましたが、その時には頭はもう出ていたそうです。

そこからはすぐ生まれてくれたので、切ることもなく分娩時間1時間50分ほどで生まれました。

上の子の時は約1日でしたのですごく早く感じました。

 

子どもを抱き、旦那も喜んでいました。

1人目も2人目も立会いで汗を拭いてもらったり水を飲ませてもらったり、側にいるだけでも心強く頑張る力を与えてもらえたと思います。

今回は出血が多かったため、私は飲み薬と点滴が半日程処方されました。

著者:ぴーちゃん

2児の母です。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。