妊娠・出産・育児の情報サイト


旦那と同じ誕生日を選んで生まれてきた娘…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

第一子を妊娠し、予定日を1週間過ぎた頃の話です。

お腹の子は大きめということもあり2日後に促進剤を使うことになりました。

その日はたまたま旦那の誕生日でした。

初産は陣痛から出産が長いと聞いていましたが、一緒になるかなーなんて思いつつ、検診ではいつも通り、「子宮口は1センチも開いていないねーまだまだだねー」と言われました。

悲しくなりながらも、私は諦めず陣痛が来るよう散歩したりマッサージしたりして過ごしていたのです。

 

そして促進剤を使うという前日の夕方、奇跡的に自然と陣痛がきたのです。

あっという間に5分間隔になり病院に行き内診してもらったら、もう7センチも開いてると言われ破水もしていました。

一晩陣痛と戦いながら過ごし、朝の5時に旦那を呼びました。

 

ひと時も休まず腰をさすってくれて、全力でサポートしてくれる旦那のおかげで8:32無事出産しました。

そうです。旦那の誕生日と同じ日に生まれてきてくれたのです。

旦那は最高の誕生日プレゼントになったと言ってくれました。こんな奇跡もあるんだなーとほっこりしました。

著者:はるか

24歳1児のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。