妊娠・出産・育児の情報サイト


年12回しかない排卵日になんとかタイミングをとりたい!なのに夫は非協力的で…

f:id:akasuguope01:20161129155415j:plain

一人目の妊娠を希望していた頃、月に一度の排卵日前になるとタイミングをはかることばかりに必死になっていました。
なんと言っても、排卵日は月に1度!年に12回しかないものなのです。

とは言っても、夫は「妊娠するときはする。しない時はしない」と、積極的な協力はありませんでした。そんな態度にピリピリしながらも、無事に妊娠。そして、元気な娘を出産しました。

 

そして、娘がもうすぐ1歳10ヶ月になるので3学年差で2人目が欲しいと考えていた私は、再び排卵日と睨めっこ。
しかし、私は思いがけない病気になってしまいました。

次の排卵日でタイミングをと考えていた、排卵1週間と2日前。
「なんだか左脇が痒い」お風呂に入って気がついた赤いプツプツ。
「ダニなんじゃない?」と夫に言われ、翌日に私の上着やらも洗濯し大量の洗濯物に苦戦していました。
お風呂に入る前、なんか虫刺されとは違うのではと思いつつ鏡を見ると、プツプツが倍増!
水疱のようなものもあったので、娘と入浴しつつもプツプツは浸からないように触られないようにと、慎重にしていました。
まさか・・・とも思いつつ、妊娠希望である私はただの虫刺されや、自律神経からくる湿疹などの診断であることを祈っていました。

しかし翌日、皮膚科に行くとものの数秒で「帯状疱疹」と診断されました。
「あー今回はタイミング見送りかなぁ」と思っていましたが、5日間飲み薬を飲むだけで済んだのです。幸い、私の帯状疱疹は想像していたほどの痛みはなく、育児にも支障はきたしませんでした。

 

待ちに待った再診。
見事、もう感染の可能性もなくなりました。これで今回の排卵日にも心置きなくチャレンジする気になれました!
排卵日である可能性の日、もう遅ければそれまでと思ってましたが、この月はオリモノの変化がなく、排卵日なのかな?という感じでした。
排卵日の日には、夫がまさかのお風呂上り早々に寝ると言い出し、私は「え?」の一言。
以前この日あたりにと、なんとなく伝えていたのですが、ちゃんと聞いていなかったのか忘れていたようでした。


結局この日、タイミングとれずに私がイライラしただけ。
帯状疱疹を乗り越えて、なんとかタイミングを取ることが可能になったのに、私の苦労ややきもきしていた気持ちをまるでわかってくれない夫に失望しました。
ですが、このまま私だけイライラいしていても使用がありません。
はっきりと排卵日かもしれなかったと、メールを送っておいたら、翌日は仲良ししてくれました。


そして、もう遅かったかもしれませんが、5日後にオリモノ増加したので今度ははっきり「良いタイミングかもしれない」と夫に伝え仲良ししました。
今月の排卵日を無駄にしなかった、これに私はほっとしました。

毎回やきもきしてしまう、排卵日のタイミング。
娘の時もそうでしたが、この月に一度の排卵日を待ち遠しくしているのは、女性だけなのかな…とつくづく実感しています。

f:id:akasuguope01:20161128134531j:plain

著者:ゆう_49
年齢:28歳
子どもの年齢:1歳9ヶ月

娘も2歳が近くなり、少し育児が楽になって趣味に育児に家事と私生活が充実してきました。二人目もそろそろと思いながら、毎日娘と公園通いを楽しんでいます。「高い」を「堅い」と言い間違えていることなども微笑ましい今。「うーんと」と考えるそぶりを見せる今。どの今も、愛おしい毎日です。 毎日新たな仕草を見つけ、育児が楽しくて仕様がありません。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。