妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛を食あたりと勘違い

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

2歳2ヶ月になる長女が前日から40℃の発熱でずっと抱っこ。

前の晩は夜間救急に連れてったり看病で殆ど寝れず眠いなぁなんて思っていたら夜9時過ぎから腹痛が。便秘で悩んでたのでやっと解消されると泣く子を置いてトイレに行くが全然出ない。

また抱っこをするが段々痛みが増して何度かトイレに。

10時30頃便秘じゃなくて食中りかな、さらに11時頃痛みが増すと今流行りのノロウィルスだと確信!長女の看病しなきゃなのに困ったなと抱っことトイレの繰返し。

さっきから痛みが来たり引いたりしてるから念のため陣痛アプリをダウンロードして時間を計ってみることに。

陣痛のような波はあるものの3分間隔になったかと思うと10分空いたり。ネットで調べてみると間隔が一定ではないのは前駆陣痛だと。とても納得してまた看病に。

でも深夜1時過ぎにトイレで息むとお印が!一応産婦人科に電話してみると直ぐに来るようにと。

出張から遅くに帰宅した主人に長女を預け、近くに住む主人の両親に連れてってもらうことに。2時半過ぎに病院に着いた際も多分前駆陣痛だと思うのですがと伝えました。

看護師さんが調べるとなんと子宮口はもう7㎝!!そこでやっと陣痛だと認識!先生がかけつけてくれもう30分以内には生まれちゃうと。

でも「トイレでそうとう息んだでしょ?無理矢理子宮口が開いちゃって赤ちゃん降りてきてない。陣痛我慢できないなら生んだ方が楽だけど大量出血の可能性がある。どうする?」と。

大量出血は不安なので結局薬で陣痛を飛ばしそこから6時間かけてゆっくり生みました。長女の発熱で頭がいっぱいで陣痛の痛さに全く気づきませんでした。

二人目っていろいろあって出産にすら集中できないんだなぁと思い知らされました。2日徹夜後の出産でしたが何とかなるものですね。

立ち会い希望だった主人は長女の看病で寂しい出産、入院中も家族が風邪をひいている場合は面会できず、赤ちゃんと二人での生活。一人目とは大違いですね。

著者:あこ

女の子二人の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。