ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠中期の血液検査で貧血との診断。貧血予防には日頃からの対策が重要!

f:id:akasuguope04:20160513155645j:plain

もともと貧血で、学生の頃から何度か倒れていたわたしは、やはり妊婦さんが貧血になりやすいと言われる妊娠中期の血液検査で貧血と診断され、鉄剤を服用することになりました。

しかし、飲み始めたのはいいのですが・・・、体に合わなくて結局、服用を中止することになりました。

副作用が出たのです。

 

一般的には、胃のむかつきや下痢便秘などが多いようですが、わたしの場合は強い腹痛でした。

ですが、ある日、軽く眩暈がして、「また倒れたりしないだろうか…」、「妊娠後期に悪化したりしないだろうか…」と、今後のことを考えていると心配になってしまいました。

 

最も心配だったのは、おなかの中の赤ちゃんに、とってもリスクがあるということです。

状態としては、お腹の赤ちゃんに栄養を運ぶために、母体の機能として一生懸命働いていて血液が薄くなり、うまく機能しなかったりすることによって、お母さんも貧血状態になったりするようです。

貧血がひどくなると血液がちゃんと造られないことにより循環をさせるための心臓にも負担がかかり頭痛や動悸、息切れなど、「えっ!これって貧血の症状なの?」と思うような症状が出てきて、明らかな体調不良になるのです。

 

以前、わたしもこのような症状が出て病院を回ったことがありますが、全て異常なし。

だけど改善されない…。原因が分からないので余計不安…。最終的に、あると言えば貧血のみだと言われたことがあります。

貧血だと言われ、最初はもっと他の病気ではないのか?本当に間違えていないのか?疑問に思うほどの体調不良だったのですが、鉄剤の服用で症状が緩和されたことがあります。

貧血だからと侮ってはいけないということを思い知らされる結果となりました。

 

それが分かってからは、どうしたら効率よく鉄を吸収できるのかいろいろ調べ、分かってくると同時に、鉄の含有量の多い食品を食べるだけでは鉄の摂取が難しいことも分かりました。

 

以前、病院の先生に貧血になるのですが、薬が合わないと相談すると、サプリメントを飲んでみては?と勧められました。わたしとしては、サプリ?と、少しびっくりしたのですが、薬に抵抗のある私としては、試してみる価値があるのではと思い、早速ドラッグストアへ。

インターネットで検索し、たくさんの種類があることを知りました。その中から、吸収が早いもの・ビタミンも摂取できるものなどを選び服用すると良いそうですが、錠剤だったりカプセルだったり種類も豊富なので自分に合ったものを選ぶといいのではないでしょうか。

 

最近では、病院によるのかも知れませんが、わたしのように副作用で苦しんでいる人がいることから、小さな子どもでも飲めるシロップタイプのものを勧めてくださるところもあるようなので、ぜひ相談してみては?


貧血は、正常値に近づけるまで時間がかかります。日頃から、できるだけ食品から摂取できるようにと、ほうれん草ばかりではなく、時には鉄分の多い小松菜を使ったり、ビタミン含有量の多い食品を選んだりと、貧血で辛い顔をする時間よりも笑顔で過ごせる時間が増えるといいですね。

著者:solairo!
年齢:44歳

美術学校卒業後、テレビ局入社。2人目出産と同時に退社。ですが、そのおかげで子どもと共に貴重な体験をたくさんすることができ、今となっては、わたしにとって毎日が大切な瞬間になっています。楽しいことばかりではないですけどね・・・(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。