妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛から出産まで

予定日の一週間前、2、3日前におしるしがあったのでそわそわしてました。

お腹が張る様になり、これ今晩くるかな?と思いました。

案の定、夜の11時頃に生理痛みたいな痛みが…。これが陣痛!?初産なのでまったく知識のない私…。

病院で「陣痛が10分間隔になったら来てください」と言われていたので、とりあえず時間を測りました。

そしたらなんと5分間隔で痛みがくるのです…。

急いで病院に電話したら「来てもいいし、もう少し様子見てもいいですよ」との事…。もう訳がわからないし、家で心配してるよりも病院に行った方が安心出来ると思い、荷物を持って主人と病院に行きました。

 

病院についたら陣痛室に通され、内診があり「んー2センチくらいかなー?まだだねー」と言われました。

え?陣痛ってもっと痛くなるの?もー訳がわかりませんでした…。

お腹に胎動が聞こえる機械をつけてもらい、主人と朝を待ちました。

陣痛は10分間隔くらいで来ていて、10分ごとに起きました。

 

朝になるとどんどん痛みが増してきました。他の人の陣痛を苦しむ声を聞きながら…私はいつ、ここから出て分娩室に行けるのだろうか…と分娩室がゴールの様に感じました。

看護師さんたちが交代になったり、先生が内診にきたり…。気づいたら後から陣痛室に来た人を何人見送ったか…。

痛みはどんどんどんどん強くなり、もう声を押し殺すのが辛くなって主人に腰を押してもらいました。その頃には5分間隔になっていました。

内診をお願いしたらまだ子宮口3センチかなー?と言われてがっかりしました…。

もー辛くて辛くて、このまま走って逃げたいとさえ思いました。

そして痛みの余りに漏らした!?という瞬間があり、恥ずかしながら主人に相談して、おしっこっぽくないっという事なので看護師さんに言うと検査をしてくれて、やっと破水まで来ました。

主人と「もう少しだね」と話し、内診をしたらまだ5センチも行かないかな?と言われがっかり…。

この時すでに陣痛室で24時間を迎えていました…。

陣痛はどんどん間隔が短くなり5分間隔でした。もー寝られなかったです…。

主人も5分間隔で腰を押してくれました。

主人が寝ていたり、トイレなど行っている時は自分で腰を叩きました。押してもらったり叩くと凄く楽になるんです。

 

私の場合さすっても全然だめでした。もー痛くて痛くて、看護師さんが子宮口あんまり開いてないけど、もう長いから分娩室に移動しようと言う事で、私はやっと夢に見たゴールに行けることになりました!

分娩台にのり、助産師さんに子宮口を見てもらうともうほぼ全開との事!やったー!もう産める!っとおもったら…あと1時間くらいかなって…。

え?すぐ産めるんじゃないの??

もうこの時点で陣痛は30秒間隔…自分でもあまり記憶がありません…。

しかもこんなタイミングで。助産師さんに「今研修の学生が来ていて、見せてもいいですか?」と言われました…。

なにがなんだかわからずいいですよと言った私…。

旦那にいいの?と聞かれ我に帰ったが遅かったです…。

 

そして陣痛が15秒間隔ぐらいになり、いきみたくなってしまい助産師さんを呼ぶと「あ!髪の毛ちょろちょろでてるね!」と言われました。

この言葉絶対忘れなれないです。

そしてそこから先生を呼んだりバタバタして、遂に出産!

私が勉強不足なのか…いきむタイミングがわからず、一回いきんでダメで、先生と助産師さんに次頑張ろう!と言われ、次っていつ??と主人に耳打ちしちゃいました笑

 

やっと産まれた可愛い我が子!もー痛みなんか忘れました。不思議と物凄く元気になりました。

公開していた学生は7人くらいいて、私の出産を先生の隣で見ていました。そのうちの1人の子が泣いてくれて…凄く感謝されました!見せて良かったって思いました笑

 

陣痛35時間。物凄く長丁場の初産でしたが、本当に素晴らしい体験でした。これから2人目も予定しています!

著者:だいママ

超ズボラな性格です。息子を溺愛しすぎてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。