妊娠・出産・育児の情報サイト


想像と違う

先日、第一子となる女の子を出産しました。仕事が産休に入ったと同時に実家へ帰り、産婦人科へ。毎回産道はとても良いと言ってもらい、出産に対する不安感はあまりありませんでした。

しかし、予定日を過ぎてもなんの兆候もなく。周りの心配してるよ?まだ産まれないの?の連絡は私のストレスに。

内診をしてもらってもおしるしがくる程度。その他のことは何もなく過ぎていき、子宮口もきついまま。

正産期まで残り3日という時に、とうとう入院しましょうとなり、バルーンを入れて一晩。10分間隔で陣痛が。翌朝、4センチに。この日は1日分の促進剤を使うも5センチにしかならず。これ以上は体に負担だからと翌日に持ち越し。その日の夜はひたすら陣痛に耐え、正産期最終日。また促進剤を1日分使いやっと10センチになり、やっと分娩室へ。

けど、全然出てこなくて力んでも力んでもダメで。もうしんどくて仕方がなくて帝王切開に切り替えて欲しくて切なかった時…吸引分娩に切り替えてくれてものの10分くらいで誕生しました。

吸引分娩は切られたり足抑えられたりこれもまたしんどかったですが出て来てくれて本当に安堵しました。出てきた我が子を見て嬉しくて言葉が出ず涙だけを流してました。

こんな出産でしたが、母子ともに元気で乗り越えられ本当に良かったです。

赤ちゃんは3500gの大きな赤ちゃんでした。

著者:はち

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。